毎月20日は月に一度のレポートの日

Sponsored Link

 

ブログを書いたあと、
朝食食べに行こうと忍介を誘った。

駅前の松屋でふたり、朝から牛丼を食べた。

昨日はちょうど通信制高校の
月に一度のレポートの日だったらしく。

「歴史もさ、第一次世界大戦や
東西冷戦の頃は面白いと思うよ。

でも中国の漢字一文字の国やら
古代エジプトがどうたらこうたらとかが、
死ぬほどつまんない。
ホント、どーでもいい。クソだと思う」

そんな彼の愚痴を聞きながら牛丼を食べた。

「ちなみに今年は何単位くらい
取るのを目指してるの?」

聞くと「さあ」と忍介。

通信制高校では、
3年間で74単位取る必要がある。

毎年24単位くらいずつ
均等に積み上げていってもいいし、
前倒し・後ろ倒しもアリだ。

「僕、単位のことよくわかってないから。
ま、別にいいんじゃない?」と忍介。

「にしても、月に一回、割と
コンスタントにレポートはやってるよね」

そう言うと、

「お父さんが思っているほどは
ちゃんとやってないよ」と笑っていた。

何が言いたいか?

正直に言って、じっくり念入りに
比較検討して選んだ高校じゃない。

紙や鉛筆でなくタブレットを使って
勉強するというのと、オンラインがメイン、
という点でパッと選んだ学校だ。

でも、しみじみ思うのだけど、
彼には合ってるなあ、と。

学校も先生もアレコレ全然言ってこない。
僕ら夫婦も一切何も言わない。

だから・本当に・自分で・やる必要がある。

自分一人で黙々とやるのって、
けっこう大変だと思うのだけど、、、

これまで9ヶ月、
横目でチラチラ見ているに、
毎月20日のレポートはやってるみたいだ。

決して楽しそうにではないし、
愚痴もよく出るけれど。笑

レポートの成績がどうなのか知らない。
単位がいくつ取れるのかも知らない。

毎日ゲームばかりしてるように見える。

でも「自分でやる」というのは、
何よりだなあ、と。

今は思う次第。

忍介さん、今月もレポートお疲れ様でした。

今日も良い1日を。

プロフィール写真

 

記事を読んで何か感じることがあれば、ぜひコメント欄にご意見やご感想をお寄せください。

更新の励みになります。バナーのクリックお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
Sponsored Link



まず親が幸せになる|びーんずネット

不登校のセミナーやカウンセリング、インタビュー事例集をお届けする活動を夫婦でしています。ぜひご覧ください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1972年生まれ。 息子の忍介は書字の学習障害と軽度の発達障害があり、小学三年生の時に不登校になりました(現在通信制高校1年生・忍者好き)。 不登校や親子関係の悩みについて、セミナーや講座をお届けする「びーんずネット」の事務局を担当しています。趣味はマラソン。不登校をテーマにしたインタビュー事例集『雲の向こうはいつも青空』を出版しています。