できることは「情報提供」と「待つこと」

Sponsored Link

 

早起きした日は積ん読の日!
ということで読んだ。

「ひきこもりの人たちは、人材の宝庫だった!」
「実はめちゃくちゃデキる」人たちと会社をつくって1000日

と帯にある。

ひきこもりx在宅xIT=可能性無限大

「ウチらめっちゃ細かいんで」は会社名で、
ひきこもり経験者中心に設立された。

通称「めちゃコマ」。

ひきこもり当事者等に対する教育事業、
HP・スマホアプリ等の開発・制作事業、
ITエンジニア等の人材紹介派遣事業などを
手がけている。

あえてNPOではなく株式会社にしたという、
同社社長の佐藤啓さんによる本だ。

ひきこもり当事者中心に創業したものの……

わずか半年でメンバー11人のうち
7人が辞める、という事態にもなった。
3年を経ても会社としては赤字でもある。

キレイなところだけではなく、
ビジネスとしての難しい点、
課題もしっかり書かれていて、
考えさせられるところが多かった。

ある親子のケース

色々と感じるところはあったのだけど。

今、読み終わって一番、
残っているのはココかな。

ひきこもり x 在宅 x ITを実現する
在宅で学習可能なHP制作&
プログラミングの講座、
「ひきこもりサポート特別コース」
を立ち上げた。

あるお母さんが講座を息子に受けさせたい、
と熱心に何度も佐藤さんに相談してきた。

ある日、いつもと様子が違い、
その母親が涙声で電話をしてきた。

ついに息子が申し込むことに決めた、と。

「おめでとうございます!」
と思わず佐藤さんは叫んだ。

順調に申し込みの手続きも済んで、
契約書も送った。

ところが――。

やはりクーリングオフしたい、
と今度は息子から連絡があった。

できることは結局のところ

聞けば、母親が熱心に勧めるので、
断るのも悪いかと思い申し込んだ。

ただこれ以上、親にお金を使わせるのも
忍びない。なので断りたい、と。

この出来事は佐藤さんにとって
大きな学びになったという。

これ以降、同じような親御さんには
決して受講を促すようには言わないよう、
伝えている。

結局のところ、私のようないわゆる「支援者」と呼ばれる立場であれ、親御さんであれ、医師やカウンセラーなどの専門家であれ、できることは「選択肢を示すこと」と「本人がそれを選ぶまで待つこと」しかないのだと思います。そして仮に何も選ばなかったとしても、その気持ちを尊重することが大切です。

できることは「情報提供」と「待つこと」。
これは本当にその通りだなあ、と。

コミュニケーションの大切さ

それと本の中で何度も強調されているのが、
コミュニケーションの大切さだ。

「めっちゃ細かい」は諸刃の剣でもある。
良い方にも悪い方にも作用する。

やはりそこはお互いの理解と信頼が必要で、
それが安心安全のベースになる。

簡単じゃないんだけどね。
大事なところだよね。

めっきり寒くなりましたが、
今日も良い1日を。

プロフィール写真

 

記事を読んで何か感じることがあれば、ぜひコメント欄にご意見やご感想をお寄せください。

更新の励みになります。バナーのクリックお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
Sponsored Link



まず親が幸せになる|びーんずネット

不登校のセミナーやカウンセリング、インタビュー事例集をお届けする活動を夫婦でしています。ぜひご覧ください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1972年生まれ。 息子の忍介は書字の学習障害と軽度の発達障害があり、小学三年生の時に不登校になりました(現在通信制高校1年生・忍者好き)。 不登校や親子関係の悩みについて、セミナーや講座をお届けする「びーんずネット」の事務局を担当しています。趣味はマラソン。不登校をテーマにしたインタビュー事例集『雲の向こうはいつも青空』を出版しています。