義務教育の勘違い

Sponsored Link

 

やっぱりそうなのか、と思った。

義務教育について勘違いして
苦しんでいる人が多い、という話だ。

この点については本当に、単純に、

「知っているか、知らないか」

の違いだと思う。

環境活動家の谷口たかひささんが
わかりやすく憲法や教育基本法を
解説してくれているので、その辺の
詳細をご存知でない方はぜひ。

結論。

つまり、保護者が「教育を受けさせる義務」を果たしていないというのは、たとえば、「義務教育期間中の子供を働きに出して、子供が教育を受けたくても受けることができない」という状況をつくっていないといった場合の話です。「子供が自らの意志でどうしても学校に行きたくない」ということについては、子供はもちろん、保護者も義務を果たせてないとはならない、ということになります。

なんというか――。

こういう話は、子どもが小学校に
入学するときに、わかりやすい
パンフレットを保護者全員に
配ったらどうだろうか?

校長先生が始業式で生徒たちに
説明することとセットで!

1日も行かなくても卒業できるし、休む権利もある

2021.04.23

僕自身について言えば、明確に
「義務教育違反」ということで
悩んだことはなかった。

ただ、なんとなくの罪悪感というか、
親として果たしてどうなんだろうか、
と自分に問いかけることは多かった。

それはやっぱり「義務教育」という言葉が
通奏低音のように響いていた気も少しする。

それでなくても不登校の悩みというのは
泉のようにコンコンと湧き出てくるものだ。

だからこそ、こういう「勘違い」みたいな
「余計な心配」は、できるだけ
少なくなるようにしたいじゃないですか?

「子どもに教育を受けさせる義務を放棄してる親には罰則が必要」

「社会的に良くないしアホの再生産になる」

いけしゃあしゃあとそんなことを言い放つ人
(いますよね?)に惑わされない意味でも。

あ、そうだ、

パンフレットではないけど、
こんなわかりやすい素敵な本もありますよ!

こちらもよろしければ↓
https://peraichi.com/landing_pages/view/vaccine

教育委員会がまとめて買い上げて
入学家庭に配布してくれないかしらん?

いや、本当に。

→ご相談はびーんずネットまで。

今日も良い1日を。

プロフィール写真

 

記事を読んで何か感じることがあれば、ぜひコメント欄にご意見やご感想をお寄せください。

更新の励みになります。バナーのクリックお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
Sponsored Link



まず親が幸せになる|びーんずネット

不登校のセミナーやカウンセリング、インタビュー事例集をお届けする活動を夫婦でしています。ぜひご覧ください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1972年生まれ。 息子の忍介は書字の学習障害と軽度の発達障害があり、小学三年生の時に不登校になりました(現在通信制高校生・忍者好き)。 不登校や親子関係の悩みについて、セミナーや講座をお届けする「びーんずネット」の事務局を担当しています。趣味はマラソン。不登校をテーマにしたインタビュー事例集『雲の向こうはいつも青空』を出版しています。