やめてよかったこと

Sponsored Link

 

「やめてよかった」

と思うことはいくつかあって、、、

その筆頭はなんと言ってもタバコだ。

「よくもまあ、あんなものを1日40本も……」

と、これは長くなるのでやめておく。笑

他にも小さなところでは
「石鹸で身体を洗うこと」をやめた。

特に冬場は背中が痒くなるから
孫の手使って頻繁にカリカリ、
そして毎日風呂ではブラシで
ゴシゴシやってたのだけど、
ふと、どうやらそれが余計に
背中を痒くさせてる気がしてやめてみた。

かわりにジェルで
背中を定期的に保湿するようにした。

そしたらなんとまあ、快適!

そしてもうひとつ。

「やめてよかった」
とあらためて昨日思ったこと。

正確に言うと
「やらなくてよかった」
と思ったことかな。

確か「カナリアたちの警鐘」で
野村俊幸さんも書かれていた。

それは「受験生の親」だ。

子どもの進路は500%本人に任せている。

これが滅茶ラクだ。

昨日は通信制高校から封書が
僕と忍介宛に連名で届いていた。

たぶんそのまま忍介に渡すと
開封しないだろうと思ったので、
一応僕宛でもあるし、中を見てみた。

来年1月の定期試験の案内だった。

その旨メモ書きをつけて、
勤労少年の目につくところに置いた。

「お父さん、これテストの話だよね?」

帰宅した彼に声をかけられたので
「どうもそうらしいね」と答える。

でもそこまでだ。

なんかPCの設定だか、
事前にやらなきゃいけない課題とか
色々あるみたいだけど、
俺っちはもう読まない。

好きにし給え。

無責任、という人もいるかもしれない。
それでも親か、と。

でも今はこう言いたい。

こういう親がいても
別にいいじゃないですか、と。

本人困ってたら、
もちろん助けるつもりはある。

ただ困ってもないのに
あれこれ親が先回りして言うのは
違うんじゃないのかな、と。

これがね、なんともラクだ。笑

テストがんばってね勤労少年。

今日も良い1日を。

プロフィール写真

 

記事を読んで何か感じることがあれば、ぜひコメント欄にご意見やご感想をお寄せください。

更新の励みになります。バナーのクリックお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
Sponsored Link



まず親が幸せになる|びーんずネット

不登校のセミナーやカウンセリング、インタビュー事例集をお届けする活動を夫婦でしています。ぜひご覧ください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1972年生まれ。 息子の忍介は書字の学習障害と軽度の発達障害があり、小学三年生の時に不登校になりました(現在通信制高校生・忍者好き)。 不登校や親子関係の悩みについて、セミナーや講座をお届けする「びーんずネット」の事務局を担当しています。趣味はマラソン。不登校をテーマにしたインタビュー事例集『雲の向こうはいつも青空』を出版しています。