なんの変哲もない鉛筆を売る方法

なんの変哲も無い鉛筆を売る方法

社会に出て働き始めたばかりの
甥っ子が愚痴っている。

そんな時、映画「男はつらいよ」で
お馴染み、フーテンの寅こと
車寅次郎はどうしたか?

とても素敵なレクチャーだった。
書き出してみる。

寅次郎:
そうか。商売してるかお前も。
仕事はおもしろいか?

満男:
面白いわけないだろう?
名刺出してペコペコ頭下げてさ、
心にもないお世辞なんか
言っちゃったりして。
向いてないんだよ、俺。

博:
まだ半年やそこらで
向いてるか向いてないか
わかるわけないだろう。

さくら:
そうよ。努力もしないで、
面白くないとか向いてないとか、
そんなことどうして言えるの?

満男:
俺なりにやったつもりだよ。
うるさいなあ。

寅次郎:
満男。おじさんと勝負してみるか?

満男:
勝負?

寅次郎:
恥ずかしながら
おじさんも商売をしてるんだ。
もっとも道端に品物を並べてな、
寄ってらっしゃい
見てらっしゃいで売りつける、
ママゴトみてぇなことなんだけど。

ま、20年30年やってると、
多少のコツって言うかね。
ま、そんなものは身につくんだな。

(筆立てにあった黄色い鉛筆を二本
取り出して満男に差し出す)

寅次郎:
俺に売ってみな。

満男:
この鉛筆を?

寅次郎:
そう。お前がセールス、俺が客だ。
さ、早く売れ!

満男:
…おじさん。この鉛筆買って下さい。
ほら、消しゴム付きですよ。

寅次郎:
いりませんよ。僕は字書かないし、
そんなものは全然必要ありません。以上!

満男:
あ…。そうですか…。

寅次郎:
そうですよ。…どうしました?
それだけですか?

満男:
だってこんな鉛筆
売りようないじゃないか…。

寅次郎:
貸してみな。

さくら:
何が始まるの?

寅次郎:
…おばちゃん。

俺はこの鉛筆を見るとな、
おふくろのことを思い出して
しょうがねぇんだ。

おばちゃん:
おや。どうして?

寅次郎:
不器用だったからねぇ、俺は。
鉛筆も満足に削れなかった。

夜、おふくろが削ってくれたんだ。

ちょうどこの辺に火鉢があってな、
その前にきちーんとおふくろが座ってさ。

白い手で肥後守を持って
すいすいすいすい削ってくれるんだ。

その削りカスが火鉢の中に入って、
ぷうーーんといい香りがしてなぁ。

綺麗に削ってくれたその鉛筆で俺は、
落書きばっかりして
勉強ひとつもしなかったもんだよ。

でも、このぐらい短くなるとな、
その分だけ頭が良くなったような
気がしたもんだった。

さくら:
わたし、これくらいになるまで使ってた。

博:
頭ンとこ、ちょこっと削って
名前書いたりして…。

さくら:
そうそう。

おいちゃん:
昔はものを大事にしたなぁ…。

寅次郎:
お客さん、ボールペンってのは
便利でいいでしょう。ね?

だけど、味わいってぇいうものがない。

満男:
そうですねえ。

寅次郎:
その点、鉛筆は握り心地が一番だ。な?

木の温かさ。
この六角形が指の間にきちんと収まる。ね。

ちょっとそこに書いてごらん。
ちょっと書いて。ね。
なんでもいいから。うん。

満男:
わあ、久しぶりだなぁ、鉛筆で字書くの。

寅次郎:
どう?デパートでお願いすると
これ1本60円はする品物だよ。
でも、ちょっと削ってあるから。
ね、30円だな。

いいよいいよいいよ、いいや、
もうタダでくれてやったつもりだ。
20円。20円。ね。すぐ出せ。
さっさと出せ。

おばちゃん:
こまかいのあるかい?私が出しとこう。

満男:
あ!

タコ社長:
お見事お見事!

おいちゃん:
さすがだなあ、寅。

おばちゃん:
釣られちゃったあ。

満男:
おじさん。参りました!

寅次郎:
いやいやいや。俺の場合はね、
今夜この品物売らないと、
腹すかして野宿しなきゃならねえな
ってことがあってさ。

のっぴきならねぇところから
絞り出した知恵みてぇなもんなんだよ。

博:
だから迫力があるんですよ。

おいちゃん:
そうそう。

寅次郎:
ま、 人間なんつっても勉強が第一だから。
な?これからも修行して、
一人前の会社員になってください。

男はつらいよ「拝啓車寅次郎様」

まったくもって、
脱帽のセールストークだと思いませんか?

そして、ここで言う「勉強」っていうのは、
少なくとも机に座って教科書開いてする類の
勉強じゃないのは明らかだ。

そう思ったし、あともうひとつ。

こういう説得術を
学校で教えてもらいたかったなあ、
とも思う。

「ほら、消しゴム付きですよ」

満男じゃないけど通常、
私たちがやりがちな説明はだいたいこうだ。

単にその商品の特徴を説明しただけ。

そして売れないと、

「だってこんな鉛筆
売りようないじゃないか…。」

往々にして自分の立場を
そんな風に嘆いておしまいだ。

でも寅さんは違う。

自分の思いが伝わるように
ストーリーで語る。

その商品についての思いを語り、
それをきちんと言葉にする。

どの点が(例えばボールペンと)違うか
しっかり把握して、的確に説明する。

実際に手にとってみてもらい、
相手の中に眠っていた思いを引き出す。

ただ単に売りつけているんじゃない。

人の心を動かす。
共感が得られるコミュニケーションをする。

これって、本当に教科書にはないけど、
生きていくのに大事な能力だと思う。

かくありたいものです。

プロフィール写真

 

記事を読んで何か感じることがあれば、ぜひコメント欄にご意見やご感想をお寄せください。

 

更新の励みになります。バナーのクリックお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

 

Sponsored Link
なんの変哲も無い鉛筆を売る方法



まず親が幸せになる|びーんずネット

不登校や親子関係の悩みについて、セミナーやコミュニケーション講座、カウンセリングをお届けする活動を夫婦でしています。ぜひご覧ください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1972年生まれ。 息子の忍介は書字の学習障害と軽度の発達障害があり、小学三年生の時に不登校になりました(現在中学3年生・デモクラティックスクールを経て2019年春からホームスクーラー/忍者好き)。 不登校や親子関係の悩みについて、セミナーや講座をお届けする「びーんずネット」の事務局を担当しています。趣味はマラソン。不登校をテーマにしたインタビュー事例集『雲の向こうはいつも青空』を出版しています。