静かに反発したい気持ち

Sponsored Link

 

びーんずネットの隔月発行の
ニュースレター『豆マメ通信』。

もう11月になって1週間だけど、目下
その11月号を絶賛編集作業中だ。

実は僕のパートは昨日でもう全部終わった。
あとは編集長の戻しと玉稿を待つばかりだ。

今朝も起きてすぐ、ひとしきり校正した。

なんせ豪華執筆陣のおかげもあって、
(駒井さん、島田さん、誠子さん、
蓑田さん、本当にありがとうございます!)

いやあ、なかなかの読み物だと思う。

そして自画自賛するのだけど、
何よりこのニュースレター、
雰囲気が暗くないところがイイ。

真面目な話を明るく楽しく!

これがびーんずネットのモットーだ。

僕が一番嫌なのは、不登校というと
「かわいそうに」「辛いですよね」
という視線で見られることだ。

別に僕らは「かわいそう」と人から
憐れまれるようないわれはない。

別に悪いことをしてるわけでもない。

そうですよね?

ただ子どもが学校に行ってないだけだ。

そういう世間の勝手な思い込みや決めつけに
静かに反発したい気持ちは、今もある。

別にかわいそうじゃないよ、と。

だからできるだけ
明るく楽しくやっている。

暗くてダサくならないように、
スタイリッシュとスマートを心がけている。
写真に写る時は思い切り笑顔で、
ときにはマリオやルイージになる。

もちろん不登校はセンシティブな問題だ。

誰もが僕らのように感じてるわけじゃない。
それはわかってる。

でも不登校だからと言って、
縮こまって人目を避けるように
小声でひそひそ話す必要なんてないと思う。

と、、、

俺はなぜに熱くこんな演説を
土曜の朝にカマしているんだっけ?笑

そうだ、
心の底にある静かな反発のことだった。

そういう次第なので――。

真面目な話を明るく楽しく。

スマートに続けていきたいと思ってます。
(ダサくて暗いのはNOだ!)

今日も良い1日を。

P.S.
お父さんのための不登校の本、
おかげさまで絶賛好評発売中です。
(ちょっと出荷が遅れ気味……)
お求めはこちらから↓
https://peraichi.com/landing_pages/view/toriaezu-beer

プロフィール写真

 

記事を読んで何か感じることがあれば、ぜひコメント欄にご意見やご感想をお寄せください。

更新の励みになります。バナーのクリックお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
Sponsored Link



まず親が幸せになる|びーんずネット

不登校のセミナーやカウンセリング、インタビュー事例集をお届けする活動を夫婦でしています。ぜひご覧ください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1972年生まれ。 息子の忍介は書字の学習障害と軽度の発達障害があり、小学三年生の時に不登校になりました(現在18歳・忍者好き)。 不登校や親子関係の悩みについて、セミナーや講座をお届けする「びーんずネット」の事務局を担当しています。趣味はマラソン。不登校をテーマにしたインタビュー事例集『雲の向こうはいつも青空』を出版しています。