あれから6年

あれから6年
Sponsored Link

 

あれからもう6年になるのか、とふと思った。

小学三年生だった忍介が
前年の秋から学校へ行かなくなった。
そして毎日、家に引きこもっていた頃。

級友たちの目を気にして、
平日は一歩も外へ出られなかった。

あ、今だってろくすっぽ外には出てないけど、
本人曰く今は「明るいひきこもり」だから、
当時とは状況がぜんぜん違う。

思い立って2014年1月の自分の日記を
久しぶりに読み返してみた。

発見は、、、

転職1年目だったし結構、仕事のことでも
悩んでいたなあ、ということだ。
面倒くさいことだらけだったなあ、と。

今振り返ればしょーもない有象無象だ。
バカじゃないの?って思う。

でも当時はそうじゃなかった。
読み進めれば読み進めるほど、
嫌な気持ちが蘇ったので読むのを止めた。

と、職場でも家でもいろいろあった。
派手に息子の前で夫婦喧嘩もした。

でも、結局それをどう捉えるかなんだよね。

当時はまさか
「不登校という名のギフト」
なぞというタイトルのブログを、
6年後に自分が書いてるとは
夢にも思わなかった。

ホント、不思議なものだ。

名言をストックしてるメモ帳を見たら、
気分にマッチしたのを見つけた。

「経験とは、あなたに起こった出来事ではない。あなたに起こった出来事を、あなたがどう受け止めたかである」(オルダス・ハクスリー)

物凄おぉぉぉぉぉーーーーっく、
とっ散らかったままですが、笑

今日は以上です。良い1日を!

プロフィール写真

 

記事を読んで何か感じることがあれば、ぜひコメント欄にご意見やご感想をお寄せください。

 

更新の励みになります。バナーのクリックお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
Sponsored Link
あれから6年



まず親が幸せになる|びーんずネット

不登校のセミナーやカウンセリング、インタビュー事例集をお届けする活動を夫婦でしています。ぜひご覧ください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1972年生まれ。 息子の忍介は書字の学習障害と軽度の発達障害があり、小学三年生の時に不登校になりました(現在通信制高校1年生・忍者好き)。 不登校や親子関係の悩みについて、セミナーや講座をお届けする「びーんずネット」の事務局を担当しています。趣味はマラソン。不登校をテーマにしたインタビュー事例集『雲の向こうはいつも青空』を出版しています。