繋がりたいと思い描いた通りの人たち

繋がりたいと思い描いた通りの人たち
Sponsored Link

 

「他の店より1円でも安く売ります!」

そういう商売のやり方もあるだろう。
それを否定はしない。

ただそう連呼していると、集まってくるのは
「とにかく他よりも1円でも安く買いたい」
というお客さんばかりになる。

そうですよね?

「どういう発信をしているか」

ということと、

「実際に集まる人」

の間には非常に強い相関関係がある。

それは常に意識しているところだ。

さて、先日みなさんにお願いした
びーんずネットの活動と
読書会企画についてのアンケート。

おかげさまで沢山の回答をいただいている。

丁寧な回答、心温まるコメント、
嬉しいご指摘、面白いアイディア、
そして数々の切実な悩み。

本当にありがたく読ませてもらってます!

そして、冒頭の話に戻るのだけど――。

たくさんのコメントに触れていると、
確実に感じるものがある。

実際にお会いしたことはなくとも、
文面から感じられるニュアンスや人柄など。

改めて意を強くした。

びーんずネットを介して
繋がってくださっている人たちは、
僕たちが繋がりたいと
思い描いた通りの人たちだ、と。

拙い表現で何とももどかしいのだけど、
それがものすごおぉーく嬉しい(←稚拙!)

昨日の「忍介通信18」への
温かいコメントもいくつかいただいた。
本当にありがとうございます。

忍介本人はまさかこんなこととは
つゆ知らず、なんだろうけど…。

まあ、いいか。

アンケートへのご協力、
本当にありがとうございます!

まだの方は、是非!笑

アンケートご協力のお願い

2019.11.23

今日も良い1日を。

プロフィール写真

 

記事を読んで何か感じることがあれば、ぜひコメント欄にご意見やご感想をお寄せください。

 

更新の励みになります。バナーのクリックお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
Sponsored Link
繋がりたいと思い描いた通りの人たち



まず親が幸せになる|びーんずネット

不登校や親子関係の悩みについて、セミナーやコミュニケーション講座、カウンセリングをお届けする活動を夫婦でしています。ぜひご覧ください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1972年生まれ。 息子の忍介は書字の学習障害と軽度の発達障害があり、小学三年生の時に不登校になりました(現在中学3年生・デモクラティックスクールを経て2019年春からホームスクーラー/忍者好き)。 不登校や親子関係の悩みについて、セミナーや講座をお届けする「びーんずネット」の事務局を担当しています。趣味はマラソン。不登校をテーマにしたインタビュー事例集『雲の向こうはいつも青空』を出版しています。