頑張ったけどできませんでした。でも答えの数を増やしてみると

頑張ったけどできませんでした。でも

答えはひとつではないと気づいた途端、

人はたくさんのアイディアを
思いつくようになる、という話。

頑張って考えてもどうしてもできない

ある広告セミナーでのエピソード。

講師は初日が終わった時点で
宿題を出していた。

広告アイディアを1つ、
実際に作ってくるように、と。

大方の人は作ってくるんだけど、

「頑張って考えたんですけど
どうしても作れませんでした」

という人が毎年必ず何人かいた。

そこで講師はある年から
何年か続けたそのスタイルを
変えてみることにした。

数を増やして、時間も縮めてみると

今度は翌日までに1個でなく、
最低10個作るように、とした。

それも、翌日までにでなく、
その日の昼休みのうちに作るように、と。

結果、どうなったか?

受講者全員が最低10個をクリアした。
中には20個、30個作る人もいた。

翌年以降もそうだった。

以前のように、
”頑張ったけど作れなかった人”
は見事にいなくなった。

なぜ作れるようになったのか?

ビフォーアフターで大きいのは
時間を短くしたこともあるけど、

一番大きいのはきっと
1個でなく10個作るように、とした点だ。

ひとつ、良いものを作ろうとするから
考えが固まってしまう。

正解を探そうとするから
ベストを探そうとするから

考えが広がらなくなってしまう。

とにかく、最低10個!

そうやって枠組みを広げてみた時、

つまり、答えはひとつではない、
ひとつでなくていいとさえ知れば、

うまくいったも同然だ。

答えはひとつという思い込みを
手放してみる。

どんどん広げてみる。
自由にふくらましてみる。

そしたらきっと、誰もが
新しい景色を見ることができる。

このエピソードはそういうことを
教えてくれている。

そう言ったら大袈裟だろうか?

プロフィール写真

 

記事を読んで何か感じることがあれば、ぜひコメント欄にご意見やご感想をお寄せください。

 

更新の励みになります。バナーのクリックお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

P.S.
あなたは子育てでこんな思い違いをしていませんか?
https://peraichi.com/landing_pages/view/pet0918beansnet

 

Sponsored Link
頑張ったけどできませんでした。でも



まず親が幸せになる|びーんずネット

不登校のセミナーやカウンセリング、インタビュー事例集をお届けする活動を夫婦でしています。ぜひご覧ください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1972年生まれ。 息子の忍介は書字の学習障害と軽度の発達障害があり、小学三年生の時に不登校になりました(現在通信制高校1年生・忍者好き)。 不登校や親子関係の悩みについて、セミナーや講座をお届けする「びーんずネット」の事務局を担当しています。趣味はマラソン。不登校をテーマにしたインタビュー事例集『雲の向こうはいつも青空』を出版しています。