この差は大きい

Sponsored Link

 

「いい大学に進んで欲しい」

その思いから息子に中学受験を進めた。

せっかく合格した私立中学。
ところが入学後、息子は
「休みたい」というようになった。

「そんなことではダメ!」

学校に行くよう迫ったが、不登校になった。

親子関係は悪化。
昼夜逆転で自室でゲーム。

注意をすると暴れ、
壁に穴があき、ふすまは破れた。

きっとこういう親子は今も
少なくないんだろうと思う。

だからこそ、この記事のように、
「あんだんて」さんのようなところに
少しでも早く、つながってほしいなあ、
と思った。

ちなみに「あんだんて」の本
『不登校でも子は育つ』
は本当に名著だと思う。

このブログでも3連発で紹介した。

不登校でも子は育つ

2019.10.09

散るもみぢ

2019.10.11

つまづいて、転んだことなのか?

2019.10.12

まだお読みでない方はぜひ。

助言を受け、両親は考え方を変えた。「頑張れ」と励ますのでなく、「今まで頑張ってきたんだな」と息子の気持ちに寄り添うようになった。「どうしたら学校に行けるか」ではなく「どうしたら家で安心して休めるか」を大事にするようになった。次第に息子も落ち着きを取り戻した。

現在、息子は元気に高校に通う。母親は「自分も『こうあるべき』ということから抜けだせ、生きやすくなった。『不登校になることで家族を再生してくれた優しい子やね』と言われ前向きになれた」と語った。

頑張れ、ではなく
頑張ってきたんだな。

どうしたら行けるか、ではなく
どうしたら安心して休めるか。

ちょっとしたことかもしれない。

でもこの差は大きい。
改めてそう思った。

今日も良い1日を。

プロフィール写真

 

記事を読んで何か感じることがあれば、ぜひコメント欄にご意見やご感想をお寄せください。

更新の励みになります。バナーのクリックお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
Sponsored Link



まず親が幸せになる|びーんずネット

不登校のセミナーやカウンセリング、インタビュー事例集をお届けする活動を夫婦でしています。ぜひご覧ください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1972年生まれ。 息子の忍介は書字の学習障害と軽度の発達障害があり、小学三年生の時に不登校になりました(現在通信制高校生・忍者好き)。 不登校や親子関係の悩みについて、セミナーや講座をお届けする「びーんずネット」の事務局を担当しています。趣味はマラソン。不登校をテーマにしたインタビュー事例集『雲の向こうはいつも青空』を出版しています。