カッコの中の言葉

Sponsored Link

 

いや、これ親なら聞いちゃうんだよな。

と思いながら読んだ。

「どうして学校に行けないの?」

は「最悪の質問」という話だった。

他にも良くない質問はいっぱいある。

親がつい聞いてしまいがちな質問。

例えばの質問の、特にカッコの中の解説が、
とてもわかりやすくて良かった。

「ゲームばかりで夜ふかしするから朝起きられないのよ!」「お母さんの言うこと聞かないからこんなことになるのよ!」(どちらも、過去の失敗を責める言葉)、「学校に行ってくれさえすれば私は幸せなのに……」(今の状態を責める言葉)、「このままで、将来どうするの?」(子どもの未来を心配する言葉)、「どうして学校行かないの?」「いつになったら学校行くの?」(子どもが答えられない質問)
こうした言葉を、不用意に投げかけていませんか?

投げかけますよね、親ならきっと。
特に不登校なりたてなら、
不用意どころか頻繁に。

でもこういう言葉は良くない。

なぜなら――

 たとえば、「あなたが学校に行ってくれさえすれば私は幸せなのに……」と言われた子どもは、「お母さんが不幸なのは僕のせいだ……」そう思い込み、ますますひきこもってしまうでしょう。

というのがその理由だ。

言われてみれば確かにその通りですよね?

それでは子どもが心の元気を
取り戻す質問とはどういうものか?

それは実際に記事を読んでいただくとして。

この「親が聞いてしまいがちな質問」を
読んで僕が思ったこと。

それはカッコの中の言葉に
気づけるかどうかだなあ、
ということだ。

  • 過去の失敗を責める言葉
  • 今の状態を責める言葉
  • 未来を心配する言葉
  • 答えられない質問

 

「いや、気づけないでしょ?」

と開き直るのは簡単だ。

でもそこに進歩や改善はない。

そうですよね?

自分じゃなかなか気づけない。

だからこそ、こういう記事や書物で
少しずつでも気づいていく他ない。

日々勉強だよね。
子どもがいろいろ教えてくれてるよね。

そうやって前向きに捉えたい。
改めてそんなこんなを思った。

今日も良い1日を。

P.S.
「見守るとか寄り添うとか言っても、
社会で食ってけなければ意味がない」

「なんのかんの、不登校はやっぱり
甘えで弱さで怠けだ」

「ストレス耐性がつかないままでは
組織の中ではやっていけない」

ぶっちゃけ本音ではそう思っている、
特にお父さんにおすすめの
不登校の良い本があります。

こちらから↓

プロフィール写真

 

記事を読んで何か感じることがあれば、ぜひコメント欄にご意見やご感想をお寄せください。

更新の励みになります。バナーのクリックお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
Sponsored Link



まず親が幸せになる|びーんずネット

不登校のセミナーやカウンセリング、インタビュー事例集をお届けする活動を夫婦でしています。ぜひご覧ください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1972年生まれ。 息子の忍介は書字の学習障害と軽度の発達障害があり、小学三年生の時に不登校になりました(現在通信制高校生・忍者好き)。 不登校や親子関係の悩みについて、セミナーや講座をお届けする「びーんずネット」の事務局を担当しています。趣味はマラソン。不登校をテーマにしたインタビュー事例集『雲の向こうはいつも青空』を出版しています。