まさに、役得

Sponsored Link

 

不登校をテーマにした
インタビュー事例集を夫婦で作っている。

今は絶賛!書き起こし中だ。

インタビューはだいたい短くて2時間、
長いと5時間近くなることもある。

それを一通り、
全部書き起こすようにしている。
誌面の都合上、そのほとんどは
カットすることになるのだけど、
でもそうしている。

なぜか?

理由は2つある。

肝の部分だけ、音声を再生しながら
チョイチョイと編集までできる人も
いるのかもしれない。
でも僕にはそれができる器用さはない、
というのがひとつ。

もうひとつは、本筋ではない部分にこそ、
キラッと光る言葉が思いがけず現れたり、
「人となり」が出ることが多いからだ。

これがあるから全部書き起こしている、
と言ってもいい。

この冊子を読むことで
「勇気付けられた」
と言ってくださる方が多いのは、
本当に嬉しい。

でも、僕ら自身がもしかしたら一番、
この冊子を作ることで
勇気付けられているかも知れない。

毎日、インタビューの音声を再生しながら
砂金のように光る言葉を今、
たくさん掬っている。

昨日も記憶の中に埋もれていた、
でもとっても良い言葉にいくつも出会えた。

全部誌面に使うわけじゃないのが
本当にもったいないのだけど、
こういうのはまさに、役得だ。

『雲の向こうはいつも青空』Vol.3号は、
3月発行に向けて鋭意制作中です。
お楽しみに!

P.S.
『雲の向こうはいつも青空』Vol.2号はこちらから。
https://beans-n.com/lp/behind-the-clouds-vol2/

プロフィール写真

 

記事を読んで何か感じることがあれば、ぜひコメント欄にご意見やご感想をお寄せください。

 

更新の励みになります。バナーのクリックお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
Sponsored Link



まず親が幸せになる|びーんずネット

不登校のセミナーやカウンセリング、インタビュー事例集をお届けする活動を夫婦でしています。ぜひご覧ください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1972年生まれ。 息子の忍介は書字の学習障害と軽度の発達障害があり、小学三年生の時に不登校になりました(現在通信制高校1年生・忍者好き)。 不登校や親子関係の悩みについて、セミナーや講座をお届けする「びーんずネット」の事務局を担当しています。趣味はマラソン。不登校をテーマにしたインタビュー事例集『雲の向こうはいつも青空』を出版しています。