書く筋肉

Sponsored Link

 

2018年の9月6日以降、毎日休まず
このブログを更新をしている。

続けるコツは、休まないこと。

例えば「土日休み」みたいな方が
むしろキツかったりする――。

そういう話を見聞きしていたので、
毎日更新にすることにした。
以来2年以上、欠かさず毎日書いている。

ただ、ご存知の通り。

本棚を整理してたら現れた雑記帳を
書き写した「昼休み日記(不登校編)」
をこのところ連載してきた。

昼休み日記(不登校編)(1)漢字が苦手

2020.11.20

まあ、写すだけなので、
正直この「昼休み日記」はラクだった。

たった12日のことだけど、
ラクをし続けたせいで
「書く筋肉」みたいなのが
ガクリと落ちた気がした。

ネタを探し、考え、形にする、その筋肉。

しばらく使ってなかったせいで
昨日のあとがきを書くのと、
今これを書くのに正直
まだ「重力」を感じている。

サイドブレーキかけたまま
坂道を登っている気分だ。

と、今日もまだリハビリ状態ですが、、、

毎日更新は続けていく所存。

なので、今後もよろしくお願いします。

今日も良い1日を。

プロフィール写真

 

記事を読んで何か感じることがあれば、ぜひコメント欄にご意見やご感想をお寄せください。

更新の励みになります。バナーのクリックお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
Sponsored Link



まず親が幸せになる|びーんずネット

不登校のセミナーやカウンセリング、インタビュー事例集をお届けする活動を夫婦でしています。ぜひご覧ください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1972年生まれ。 息子の忍介は書字の学習障害と軽度の発達障害があり、小学三年生の時に不登校になりました(現在通信制高校1年生・忍者好き)。 不登校や親子関係の悩みについて、セミナーや講座をお届けする「びーんずネット」の事務局を担当しています。趣味はマラソン。不登校をテーマにしたインタビュー事例集『雲の向こうはいつも青空』を出版しています。