希望を持ってエントリーしたけれど

Sponsored Link

 

昨日20時は2022年12月4日開催予定の
湘南国際マラソンの優先エントリー枠の
スタートだった。

なんせ2年連続申し込んでるけど、
2度ともコロナで中止になってる。

特に前回は検査体制も万全に充実させて
「絶対やる」くらいの勢いだったはずだ。

しかしオミクロンの前にあっけなく屈服。

でもって、1万4千円の参加費の返金は
3千円にも満たなかった。

いいよ、別に。

しょうがないもんね。
誰のせいでもないもんね。

(でも返金額の少なさの一方で、
Tシャツと豪華な完走メダルが送付されて
これには相当イラッととさせられたけど)

そんでもって、だ。

俺様みたいな律儀で健気なランナーに
次回大会の優先エントリー案内があるのは、
マア当然のことだよね。

ハガキでお知らせが来た。
昨日メールでも来た。

昨年、コロナ禍でも「希望」を持ってエントリーいただいた皆様に「ありがとう」の気持ちをこめて、優先エントリー枠をご用意いたしました。

おう!
希望を持ってエントリーしたさ。

▼エントリー期間
6月 4日(土) 20:00 開始
6月10日(金)23:59 締切
※本優先枠は第16回湘南国際マラソン(2022年2月20日)
にお申込みいただいた方に限ります。

今回も半信半疑ではあるけれど、一応
20時ジャストに申込URLをクリックした。

す・る・と……。

「エントリーコード」
の入力が必要だ、という。

何よ、エントリーコードって?

よくよく読むと先に送付した
ハガキに記載されているという。

はぁ?

お知らせのハガキぃ?

捨てるに決まってるじゃんね、
そんなもん!!!!!!!!

という次第でエントリーできなかった。

ハガキを捨ててしまってたせいで。

じゃあ、どうなるの?

1週間後の一般エントリー枠で
申し込むしかない。

っていうかさ、優先エントリーは
メールアドレスと名前で紐づけるとかさ。

もうちょっとスマートでDXな
イマドキのやり方してくれないかな?

ハガキに記載されてるコード、
ってアナログ過ぎじゃね?

という、ただのプンスカ投稿。

あーあ。ったくもう!

今日も良い1日を。

プロフィール写真

 

記事を読んで何か感じることがあれば、ぜひコメント欄にご意見やご感想をお寄せください。

更新の励みになります。バナーのクリックお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
Sponsored Link



まず親が幸せになる|びーんずネット

不登校のセミナーやカウンセリング、インタビュー事例集をお届けする活動を夫婦でしています。ぜひご覧ください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1972年生まれ。 息子の忍介は書字の学習障害と軽度の発達障害があり、小学三年生の時に不登校になりました(現在通信制高校生・忍者好き)。 不登校や親子関係の悩みについて、セミナーや講座をお届けする「びーんずネット」の事務局を担当しています。趣味はマラソン。不登校をテーマにしたインタビュー事例集『雲の向こうはいつも青空』を出版しています。