14歳ひきこもりの日常

忍介のひきこもり生活が続いている。

忍介はおうち大好き人間だ。
モスバーガーと王将とすき家は好きなので、
誘えば以前は外食をすることもあったけど、
ここのところはその3つに誘っても
まったく乗って来ない。

多分この1週間くらいは文字通り、
一歩も家を出ていないと思う。

そのせいで口内炎ができている、
と昨日は言っていた。
日光を浴びてないのが原因なんじゃないか、
と本人は思っているらしい。

と、こう書くとちょっと深刻なんだけど、
実はあんまり心配していない。

友達とはLINEでつながりながら
しょっちゅうゲームをしているし、
僕らとのコミュニケーションも普通だ。

変に意気がっているところはあるけど、
それは単に実力派の中二病なだけであって、
反抗期というような気配もそぶりもない。

まあ、僕の場合、世間一般の父親が
子どもから得ているような尊敬の念は、
多分1mmもないけど、それで全然構わない。

僕が酔っ払った醜態を散々見ているから、
お酒は絶対に飲まないと決めているらしい。

でも彼が二十歳をすぎたら僕は一緒に
お酒が飲みたい、と思ってるんだけど。笑

昨日は外から戻ったら忍介にいきなり

「ねえ、お父さん。
超弩級のドってどういう意味か知ってる?」

とドヤ顔で聞かれた。
どうやらゲームで知識を仕入れたらしい。

「知ってるよー。
イギリスの戦艦ドレッドノートのことだよ。
そんなの常識だよ、クイズにもならない」

と涼しい顔で返したら、
彼には”まさか”の返答だったんだろう、
(歴史好きを舐めるなよ)
「そうなんだ」と凹んでいた。

そういう素直な部分は、まだまだかわいい。

そんな彼の楽しみは、
今日発売の「隻狼」というゲームだ。

ダウンロード版なら深夜零時に買えるけど、
やっぱり手にしたという実感が欲しいから、
という理由で、パッケージ版を
買うことにしたらしい。

ということで、今日は朝一番で
ゲームを買いに御自ら御出馬あそばされる。

久しぶりの外出が、
なんだか、ありがたい気分。

隻狼、万歳!

そんなこんなの、14歳ひきこもりの日常。

教訓も結論もクライマックスも何もない、
単なる備忘録として。

プロフィール写真

 

記事を読んで何か感じることがあれば、ぜひコメント欄にご意見やご感想をお寄せください。

 

更新の励みになります。バナーのクリックお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
Sponsored Link



まず親が幸せになる|びーんずネット

不登校のセミナーやカウンセリング、インタビュー事例集をお届けする活動を夫婦でしています。ぜひご覧ください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1972年生まれ。 息子の忍介は書字の学習障害と軽度の発達障害があり、小学三年生の時に不登校になりました(現在通信制高校1年生・忍者好き)。 不登校や親子関係の悩みについて、セミナーや講座をお届けする「びーんずネット」の事務局を担当しています。趣味はマラソン。不登校をテーマにしたインタビュー事例集『雲の向こうはいつも青空』を出版しています。