とにかく、一人でも多くの人に届けたい

Sponsored Link

 

今日はお知らせです。

不登校を経験した人。その保護者。
子どもたちに寄り添う人。
自由な学びを実践した人。

7人の方々へのインタビューをまとめた
『雲の向こうはいつも青空』Vol.3を
土曜日28日から発売します。

ぜひ一人でも多くの人に
手にとっていただきたい!

その想いから今回、返金保証期間を
従来の30日間から90日間に伸ばします。

加えて――。

冊子を返品いただく必要もなくしました。

そのまま手元に置いていただいても、
処分していただいても構いません。

なぜそんな保証をつけるのか?

この保証をつける理由は2つあります。

ひとつには通常の本や雑誌と違い、店頭で
実際に中身を確認することができないから、
です。

届いてみたら「思っていたものと違う」
という場合もあるかと思います。

もうひとつは内容に自信があるからです。

ご満足いただけないものに
お代をいただくのは、
もとより本意ではありません。

読んでみてしっくりこない、
イマイチだった、
あるいは読みきれそうにない……

理由はなんでも構いません。
その場合には遠慮なく、
90日以内にメールでお知らせください。

冊子を送り返す手間も費用もかかりません。
全額、無条件で返金いたします。

とにかく、一人でも多くの人に届けたい。
――その想いだけです。

不登校・ひきこもりを経験した人。
その保護者。
子どもたちに寄り添う人。
そして自分の学びを実践した人。

そんな七人七色の「雲と青空」を、
丹念に取材してまとめました。

雲を抜けた先には、
いつも青空が広がっている――。

ぜひ、ページを繰って、
あなた自身でそれを確かめてみてください。

P.S.
発売は28日からですが、予約頂けます。
https://beans-n.com/lp/behind-the-clouds-vol3/

プロフィール写真

 

記事を読んで何か感じることがあれば、ぜひコメント欄にご意見やご感想をお寄せください。

 

更新の励みになります。バナーのクリックお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
Sponsored Link



まず親が幸せになる|びーんずネット

不登校のセミナーやカウンセリング、インタビュー事例集をお届けする活動を夫婦でしています。ぜひご覧ください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1972年生まれ。 息子の忍介は書字の学習障害と軽度の発達障害があり、小学三年生の時に不登校になりました(現在通信制高校1年生・忍者好き)。 不登校や親子関係の悩みについて、セミナーや講座をお届けする「びーんずネット」の事務局を担当しています。趣味はマラソン。不登校をテーマにしたインタビュー事例集『雲の向こうはいつも青空』を出版しています。