こういう作業こそ、まさに

Sponsored Link

 

こういう作業こそ、まさに
AIに任せるのがいいんじゃないかな、
と思った。

卒業アルバムの写真選定作業のことだ。

従来のやり方はこうだ。

例えば林間学校の写真を30枚選ぶ際は、どの児童が写っているか正の字でカウントし、ある児童の掲載数が少なければ写真を選び直して差し替える。1枚差し替えただけで、ほかの写真のカウントも変わってくるため、その都度記入を変更しなければならない。年度によって保護者との連携の仕方は異なるが、保護者も無償でカウントや差し替えに携わる。

どうですか?

正の字で一人ずつカウントして、
写真を差し替えるたびに数え直す……。

って、この文章読むだけでも心底、
うんざりするような話だと思いませんか?

それを顔認識AIが自動で生徒の写真を
カウントして可視化する、という。

登場回数の偏りが一目でわかるので、差し替えの判断もしやすく、作業も簡単だ。例えば登場回数が少ない児童の写真に差し替える場合、AIがその児童・生徒の写真候補をピックアップ。基本的に小学校では6年生の顔写真を登録して使うが、1年生当時の写真もちゃんと検出してくれるという。また、差し替えた瞬間に全体のカウント数も調整してくれる。

いや、これ本当に素晴らしいし、
どんどん使った方がいいよね?

こういう作業こそ、まさに、だ。

そしてAIという部分で言えば、、、

僕が今、一番身近にAIの恩恵を
感じているのは、びーんずネットの
書籍販売でも使っているWEB広告だ。

ちょっと前まで特に検索広告はものすごく
複雑かつ難解で、かつ設定は手動だった。

キーワードの設定やら単価の設定、
それに紐づくナンちゃらとカンちゃらが
どーでこうで、あーでこうで……。

きちんと理解して結果が出るように
出稿内容を設定できる人はごく少数で
いわばちょっとした「職人芸」だった。

でも今はもう違う。

基本的なことだけ理解して設定すれば、
ほぼ全てAIが自動的に最適化してくれる。

結果を学習しながら精度も上げてくれる。

もはや一部の職人だけが知っている
アルゴリズムの裏をかくような
「ズルい裏技」みたいなものもない。

格段に使いやすくなってるし、
ある意味とっても
フェアでシンプルになった。

だから設定のことよりも、
内容の方に純粋に注力できる。

教育やら広告に限らず、だけど。

できる限り、内容の方に
純粋に注力できる環境。

それを作り出すために、
上手にAI活用したいものですね。

そんなこんなを改めて思う次第。

今日も良い1日を。

プロフィール写真

 

記事を読んで何か感じることがあれば、ぜひコメント欄にご意見やご感想をお寄せください。

更新の励みになります。バナーのクリックお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
Sponsored Link



まず親が幸せになる|びーんずネット

不登校のセミナーやカウンセリング、インタビュー事例集をお届けする活動を夫婦でしています。ぜひご覧ください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1972年生まれ。 息子の忍介は書字の学習障害と軽度の発達障害があり、小学三年生の時に不登校になりました(現在18歳・忍者好き)。 不登校や親子関係の悩みについて、セミナーや講座をお届けする「びーんずネット」の事務局を担当しています。趣味はマラソン。不登校をテーマにしたインタビュー事例集『雲の向こうはいつも青空』を出版しています。