3割が男性

Sponsored Link

 

大変嬉しいことに。

連日・地味に・しつこく、笑
お知らせしている甲斐もあってか。

セミナーの申込がガガガっと増えた。

そして・これまた・嬉しいことに。

今朝の時点で15名の申込みがあるのだけど、
なんと・そのうち・5名が・男性だ。

3割が、男性。

普通のイベントならいざ知らず。

不登校の場合、本当に男性は少ない。

なので、もしあなたが

「参加者が女性ばかりで
心細い思いをするんじゃないか」

と参加を迷っているのなら、
安心して申込みボタンを押してほしい。笑

「男性がどう感じているのか」
を知りたいあなたにもぜひ参加してほしい。

びーんずネットの場合、
だいたいいつも2割くらいは男性だ。

もし僕が顔を出して前面に出て
発信いることが、少しでもそのことに
影響してるとしたら、嬉しいな。

そのセミナー。

定員20人で、まだあと残席5名分あります。

「小中9年間不登校だった
私が考えていたこと」

あの頃、感じていたけど言えなかった。

大人になった今だからこそ言える、
不登校だった当時感じていたリアルな心境。

ゲストの松井麻実さんのご経験やお話には、
きっと大きなヒントがあると思います。

松井さんにお話いただきながらも
聞くだけでなく参加者同士で語り合い考える
トークセッション形式のセミナーです。

明日14時スタートです。まだ間に合います。

不登校を真面目に、明るく、
一緒に話し合ってみませんか?

お申込みはこちらから↓
https://seminar20210116.peatix.com

お待ちしています。

プロフィール写真

 

記事を読んで何か感じることがあれば、ぜひコメント欄にご意見やご感想をお寄せください。

更新の励みになります。バナーのクリックお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
Sponsored Link



まず親が幸せになる|びーんずネット

不登校のセミナーやカウンセリング、インタビュー事例集をお届けする活動を夫婦でしています。ぜひご覧ください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1972年生まれ。 息子の忍介は書字の学習障害と軽度の発達障害があり、小学三年生の時に不登校になりました(現在通信制高校生・忍者好き)。 不登校や親子関係の悩みについて、セミナーや講座をお届けする「びーんずネット」の事務局を担当しています。趣味はマラソン。不登校をテーマにしたインタビュー事例集『雲の向こうはいつも青空』を出版しています。