あれから7年

Sponsored Link

 

我が家の高校一年生、忍介15歳。

デモクラティックスクール時代の
友人たちに感化されて、今月から
アルバイトを始めようとしている。

昨日はうちの奥さんに付き添ってもらって、
給与振込用の自分の銀行口座を作ってきた。

初めての自分の口座。

これが彼には嬉しいらしく、
新しい預金通帳を自慢げに見せてくる。
まったく、可愛いったらありゃしない。

アルバイトをするにあたって、
いくつか書面を提出する必要があるとの由。

「保護者の同意が必要だから、お父さん、
この書類にサインしておいてくれる?」

と彼が言う。

お安い御用!

見ると、彼の自筆のサインが書かれていた。

忍介には書字の学習障害がある。

漢字を書くのが本当に苦手で、
それも不登校の原因のひとつになった。

そして家にひきこもり、毎日毎日
どうせ僕なんて、僕なんて、と呟き続けた。

あれから7年(綾小路きみまろ)。

「本人氏名」

のところに書かれた
彼の小さな可愛い字を、感慨深く見た。

今日、書類を提出に行くのだという。

この一歩は小さな一歩かもしれない。

でももしかして、後々から見たら
大きな一歩になるかもしれない。

逆にムーンウォークになるかもしれない。笑

それはそれで、
C’est la vie.
それも人生だ(フランス人)。

今日も良い1日を。

プロフィール写真

 

記事を読んで何か感じることがあれば、ぜひコメント欄にご意見やご感想をお寄せください。

更新の励みになります。バナーのクリックお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
Sponsored Link



まず親が幸せになる|びーんずネット

不登校のセミナーやカウンセリング、インタビュー事例集をお届けする活動を夫婦でしています。ぜひご覧ください。




2 件のコメント

    • suzzyさん、ありがとうございます。
      なんだかんだ言いながらテンション上がってる息子を見てると、こちらも嬉しいです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    1972年生まれ。 息子の忍介は書字の学習障害と軽度の発達障害があり、小学三年生の時に不登校になりました(現在通信制高校生・忍者好き)。 不登校や親子関係の悩みについて、セミナーや講座をお届けする「びーんずネット」の事務局を担当しています。趣味はマラソン。不登校をテーマにしたインタビュー事例集『雲の向こうはいつも青空』を出版しています。