トコトンヤレ節

Sponsored Link

 

慶応4年・明治元年、といえば1868年。

鳥羽伏見で幕府軍を破り
「官軍」となった薩長土の軍勢は、
有栖川宮熾仁親王を東征大総督とし、
錦の御旗を立てて東海道の進軍を始めた。

作詞は品川弥二郎、
作曲は大村益次郎とされている
この唄とともに――。

♪宮さん宮さん お馬の前に
ヒラヒラするのは何じゃいな
トコトンヤレ トンヤレナ

あれは朝敵征伐せよとの
錦の御旗じゃ知らないか
トコトンヤレ トンヤレナ

日本初の「軍歌」でもある。

メロディも歌詞も昭和の軍歌と比べると、
なんとも明るく、平和な感じがするけれど。

さて。

なぜこのブログに戊辰戦争の
「トコトンヤレ節」が出てくるのか?

今朝も起きると忍介がリビングにいて、
例によってゲームで強盗しながら
横のiPadで映画を見ている。

それを見て、どうしてもこの唄が
思い浮かんで仕方なくなったからだ。

♪トコトンヤレ トンヤレナ

「さすがにもう強盗にも飽きてきた」
「金なんかいくらあっても虚しい」

最近、そんな言葉が
忍介から漏れるようになってきた。

それでもひたすらゲームの15歳。

緊急事態宣言の発令も解除も全く関係ない。
もう2ヶ月以上家から一歩も離れず日々、
「自宅警備」を勝手に続ける
高校一年生の自称・明るいひきこもり。

いいぞ、もう、とことんやれ。
退屈をきわめよ!

と、もう「そっち側」を応援する
そんな境地になってきた、48歳の初夏。笑

♪トコトンヤレ トンヤレナ

今日も良い1日を。

プロフィール写真

 

記事を読んで何か感じることがあれば、ぜひコメント欄にご意見やご感想をお寄せください。

更新の励みになります。バナーのクリックお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
Sponsored Link



まず親が幸せになる|びーんずネット

不登校のセミナーやカウンセリング、インタビュー事例集をお届けする活動を夫婦でしています。ぜひご覧ください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1972年生まれ。 息子の忍介は書字の学習障害と軽度の発達障害があり、小学三年生の時に不登校になりました(現在通信制高校1年生・忍者好き)。 不登校や親子関係の悩みについて、セミナーや講座をお届けする「びーんずネット」の事務局を担当しています。趣味はマラソン。不登校をテーマにしたインタビュー事例集『雲の向こうはいつも青空』を出版しています。