勉強ってなんですか?

勉強ってなんですか

はやく大人になりたい

10代の頃、授業中に
教室の時計の針を見ながらよく思っていた。

「はやく大人になりたい」

なぜそう思ったのか?

「数学や物理の授業やテストを
受けなくていいから」

では、実際に大人になってみてどうか?

その点で言えば最高だ。

数学や物理のテストを受けなくていい。
お金を払えば自分の好きなことを、
好きなだけ学べる。
テストも偏差値も、もう関係ない。

学習は競争ではなく、個人の成長のため

ところで、昨日興味深い記事を読んだ。

詳細はぜひリンクを読んで
いただきたいのだけど、

かいつまんで言えば、
成績表に順位を記載することを
廃止するそうだ。
低学年ではテスト自体の実施も廃止する。

順位への過度な心配が
勉強の妨げになること、
そして学習は競争でなく個人の成長のため、
という政府の基本的な考え方を
示すためだという。

知識から人間力へ

背景にはIT化・AIの活用で、
今後必要とされる能力が「知識」から
「人間力」になる、という見通しがある。

知識の暗記は
かつては意味があったかもしれない。
でも検索するば何でも出る時代、
より求められるのは
クリティカルシンキングや分析的な思考だ。

「勉強は競争ではなく
生涯続く自己鍛錬であるということを、
幼少時から子どもが理解できるように」

今回の改革の意図を、
シンガポール教育相のオン・イエクン氏は
そう語ったそうだ。

勉強ってなんですか?

そんな記事を読んで
今の十代の子どもたちや、
学校の先生に聞いてみたくなった。

勉強ってなんですか?と。

「競争ではなく生涯続く自己鍛錬です」

そんな答えが、
果たしてまっすぐに出てくるだろうか?

プロフィール写真

 

記事を読んで何か感じることがあれば、ぜひコメント欄にご意見やご感想をお寄せください。

 

更新の励みになります。バナーのクリックお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

 

Sponsored Link
勉強ってなんですか



まず親が幸せになる|びーんずネット

不登校や親子関係の悩みについて、セミナーやコミュニケーション講座、カウンセリングをお届けする活動を夫婦でしています。ぜひご覧ください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1972年生まれ。 息子の忍介は書字の学習障害と軽度の発達障害があり、小学三年生の時に不登校になりました(現在中学3年生・デモクラティックスクールを経て2019年春からホームスクーラー/忍者好き)。 不登校や親子関係の悩みについて、セミナーや講座をお届けする「びーんずネット」の事務局を担当しています。趣味はマラソン。不登校をテーマにしたインタビュー事例集『雲の向こうはいつも青空』を出版しています。