不登校で絶賛参っていたとき、僕が一番知りたかったこと

以前読んで「その通りだよなあ」と思って、
でもこのブログで紹介し忘れてた。

不登校新聞編集部の小熊広宣さんの記事だ。

タイトルにピンと来た方はぜひ全文を。

ちなみに。

僕が息子の不登校で絶賛参っていたとき。

一番欲しかった「バリア」は
小熊さんが言う2番目のバリア、
つまり「情報」だった。

①不登校に関する親の失敗談、②居場所、③進路を含めた「不登校その後」の実例など、1つでも多く知っていることが、子どもの将来を案じる親にとって、漠然とした不安を軽減してくれることにつながります。

中でも特に③の
進路を含めた「不登校その後」の実例。

本当にね、これこそが
一番知りたいことだった。
そこさえあれば、と思っていた。

だから今、自分達でもこうして作っている。

それが不登校インタビュー事例集
『雲の向こうはいつも青空』だ。

今年9月の発行に向けてのVol.8号の取材は、
実はもう今月ですでに終わっている。

取材のレポはこちらに上げてるので是非。

今は絶賛音声書き起こし作業の段階だ。

インタビューの音声書き起こしは
地味でけっこう大変な作業だ。

一人当たり3時間超、それを7人分だ。
普通に考えると気が遠くなる。

でも毎号、悩んでいたかつての自分に
プレゼントするつもりで頑張っている。

大丈夫マイフレンド、ってね。

あの頃、自分達が知りたかったこと。
あの頃、自分達が読みたかった本。

さあ、書き起こしは毎日、
少しずつでも進めるぞ。

長丁場のマラソンと同じだ。

ジリジリと、地味に、諦めず、
しつこく、粘り強く、たくましく。

前進あるのみ。

今日も良い1日を。

プロフィール写真

 

記事を読んで何か感じることがあれば、ぜひコメント欄にご意見やご感想をお寄せください。

更新の励みになります。バナーのクリックお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
Sponsored Link



まず親が幸せになる|びーんずネット

不登校のセミナーやカウンセリング、インタビュー事例集をお届けする活動を夫婦でしています。ぜひご覧ください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1972年生まれ。 息子の忍介は書字の学習障害と軽度の発達障害があり、小学三年生の時に不登校になりました(現在通信制高校生・忍者好き)。 不登校や親子関係の悩みについて、セミナーや講座をお届けする「びーんずネット」の事務局を担当しています。趣味はマラソン。不登校をテーマにしたインタビュー事例集『雲の向こうはいつも青空』を出版しています。