「おもい」と「おもさ」がある

Sponsored Link

 

このブログで何度も書いていることだけど。

紙の印刷物が好きだ。

インタビュー事例集もサロン会報誌も
ニュースレターもチラシも、全部
びーんずネットでは印刷して郵送している。

PDFにしてメールで送ればタダだ。
WEBだけならコストもかからない。

印刷は色々と面倒だ。

コストもかかる。
手間もかかる。
時間もかかる。
印刷したら修正がきかない。

それはそうなんだけど、なんでだろう?

なんかしっくりこない。
デジタルで全部済ましたくない。
紙の印刷物にこだわりたい。

そんな思いをぜんぶ、
代弁してくれる記事だった。

印刷は終わった。
これからはネットの時代だ――。

そんな書き出しの年賀状。
作ったのは印刷会社だった。

一見、悲観的な話に見える。

けれど伏せた部分のスクラッチを削ると、
逆のメッセージが浮かび上がる。

スクラッチを削った後の全文はこうなる。

印刷は終わった
これからはネットの時代だ。本当にそうだろうか。
印刷は作った分だけコストが増えていくし、印刷したらもう修正できない。だからこそ伝えたいことに向き合うし、ミスが許されない緊張感は良いコンテンツを生み出す。
消費者の行動履歴を追えなくて、マーケティングデータが取れない。そのかわりモニタに影響されない色を表現でき、モノとして手元に残る。
出来上がった印刷物は時間とともに汚れるし破れるし、用事が済んだらゴミになるだけだ。チラシで作った紙ヒコーキは僕らの宝物だったし、時間とともに汚れ破けた教科書は自分のものだとすぐにわかった。
完成までたくさんの段階があって時間もかかるし、何度もやり直したりして無駄なことも少なくないかもしれない。そこには多くの人の「おもい」がこもっていて、手触りや雰囲気とあわせて簡単に捨てられない「おもさ」がある。
だからデジタルには勝てない。残念ながら印刷の時代は終わった。そうじゃない。そうであってはいけない。私たちは印刷の力を信じる
情報を伝えるメディアから、五感で伝わるメディアに。
これからが印刷の時代
株式会社サンコー

そうなのだ。

修正できないからこそ、
伝えたいことに向き合う。
ミスが許されない緊張感が
良いコンテンツを生み出す。

手間も時間もかかる。
けれど、そこには「おもい」がこもる。
簡単に捨てられない「おもさ」がある。

言語化が見事すぎて鳥肌モノだった。
本当にこの年賀状の言う通りだと思う。

さあ、元気出して会報誌とニュースレターの
最後の修正をこれからするゾ。

おー!!

今日も良い1日を。

プロフィール写真

 

記事を読んで何か感じることがあれば、ぜひコメント欄にご意見やご感想をお寄せください。

更新の励みになります。バナーのクリックお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
Sponsored Link



まず親が幸せになる|びーんずネット

不登校のセミナーやカウンセリング、インタビュー事例集をお届けする活動を夫婦でしています。ぜひご覧ください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1972年生まれ。 息子の忍介は書字の学習障害と軽度の発達障害があり、小学三年生の時に不登校になりました(現在通信制高校1年生・忍者好き)。 不登校や親子関係の悩みについて、セミナーや講座をお届けする「びーんずネット」の事務局を担当しています。趣味はマラソン。不登校をテーマにしたインタビュー事例集『雲の向こうはいつも青空』を出版しています。