本当の不登校の話をしよう

本当の不登校の話をしよう

中1の娘が不登校になった。
もう2ヶ月以上、家から全く出ていない。
外に出ると、同級生に出会ってしまうから。
それがどうしても嫌だから。

担任の先生は定期的に電話をかけてくる。
でも娘はかたくなに話そうとしない。

夫は仕事に逃げ込んでいる。

しばらくそっと見守ってあげようと思う。

ただ、気持ちを聞こうとしても、
娘が何も言わないので何もできない。

苦しんでいる子どもに
何もしてあげられないのは辛い。

孫の不登校を聞きつけた義父母が、
折につけてアドバイスという名の
非難の電話をしてくる。

気持ちはわからないでもないけど、
結局は暗に私の育て方が悪かったと
言っているようにしか聞こえない。

誰かに相談しようという気になれない。

話しても、どうせ安全な場所から
無責任なことを言われるだけだろうから。
理解してもらえると思えないし、
話したところで何かが変わるわけじゃない。

フリースクールのことを調べたら?
という人もいるけど、気が進まない。
それを解決にしてしまったら、
将来の選択肢を減らしてしまう気がする。

こんなことを言うのは気が引けるけど、
外に出ている間だけは気が紛れる。

ふさぎ込んでいる娘のいる家に帰るのは、
本当に気が滅入る。

今はとにかくどうしていいのか分からない。

出口の見えない
暗いトンネルの中にいるような気がする。

なんでこんなに
苦しまなくちゃいけないのだろう…。

・・・・・・・・・

全部、想像で書いています。

でももしあなたにこういう状況や
気持ちが少しでもあるのなら、
ぜひ来ていただきたい。

本当の不登校の話をしよう。
12月8日(土)、10時から
武蔵新城パサールベースにて。

私たちは決して一人じゃありません。

プロフィール写真

 

記事を読んで何か感じることがあれば、ぜひコメント欄にご意見やご感想をお寄せください。

 

更新の励みになります。バナーのクリックお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

 

Sponsored Link
本当の不登校の話をしよう



まず親が幸せになる|びーんずネット

不登校や親子関係の悩みについて、セミナーやコミュニケーション講座、カウンセリングをお届けする活動を夫婦でしています。ぜひご覧ください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1972年生まれ。 息子の忍介は書字の学習障害と軽度の発達障害があり、小学三年生の時に不登校になりました(現在中学3年生・デモクラティックスクールを経て2019年春からホームスクーラー/忍者好き)。 不登校や親子関係の悩みについて、セミナーや講座をお届けする「びーんずネット」の事務局を担当しています。趣味はマラソン。不登校をテーマにしたインタビュー事例集『雲の向こうはいつも青空』を出版しています。