妄想備忘録

Sponsored Link

 

このところ。

ワインを飲んでヨイヨイ楽しい気分の時に、
忍介が論戦を吹っかけてくる。

法の正義という、胡散臭さ。
多数決という名の暴力。
民主主義というクソなシステム。

昨日はそんな話だった。

……ような気がする。
(アルコールが入ると、どうもね。笑)

なかなかのテーマだ。

けっこう、しっかりあれこれ、
15歳なりに考えてるんだなあ、と。

そして一応、こう見えてオイラ、
実は法学部だったりするんだよね。
ぜんぜん勉強しなかったけど。

法の正義をハナっからバカにする
偽悪の荒ぶる15歳を「どうどう」と
なだめているつもりが、
気がつけば熱く語っている自分がいて。

なんかここのところ、
そんな日が続いている。

よく思うことなんだけど――。

もしかしたら忍介は実は仙人で、
僕が死ぬ瞬間にドロンと仙人に変身して
「おぬし、なかなかよくやったじゃないか」
なんて、最後に誉めてくれるんじゃないか?

そんな妄想を抱くことがある。

不登校が一番そうだったけど、日々、
いろんなことを気づかせてくれる存在だ。

ありがたいなあ、と。

論戦では、なかなかに手強いけど。笑

雨で台風も来るみたいですが、良い1日を。

プロフィール写真

 

記事を読んで何か感じることがあれば、ぜひコメント欄にご意見やご感想をお寄せください。

更新の励みになります。バナーのクリックお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
Sponsored Link



まず親が幸せになる|びーんずネット

不登校のセミナーやカウンセリング、インタビュー事例集をお届けする活動を夫婦でしています。ぜひご覧ください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1972年生まれ。 息子の忍介は書字の学習障害と軽度の発達障害があり、小学三年生の時に不登校になりました(現在通信制高校1年生・忍者好き)。 不登校や親子関係の悩みについて、セミナーや講座をお届けする「びーんずネット」の事務局を担当しています。趣味はマラソン。不登校をテーマにしたインタビュー事例集『雲の向こうはいつも青空』を出版しています。