「システムエラー」があるだけ

Sponsored Link

 

「ヒューマンエラー」はない。
ただ「システムエラー」があるだけ、
というのが新鮮だった。

キングコング西野亮廣さんへの
インタビュー記事だ。

とても読み応えある記事だった。
時間ある方はぜひ全文を。

いくつかあった気づきの中で、
特にいいなと思った点を2つ紹介。

混ぜないこと

ひとつめ。混ぜないということ。

西野さんは言う。

ネットの誹謗中傷を生むシステムエラーは、
「目的が全然違う人を混ぜている」
ことにある、と。

議論したい人、議論をぶっ壊して名前を上げたい人、論破したいだけの人。そもそも目的が全然違った人たちが一緒くたにいるという。

会議したいのに、金属バットで暴れまわってるやつがいるわ、こっちではスポーツしてるやつがいてるわで、そもそもの目的が違う「混ぜるなキケン」の人たちが同じ部屋にいるっていう。

だから、混ぜない。

例えば最近西野さんがTwitterで作ったのは、
全員「鍵アカ」の
サロンメンバー限定アカウントだ。

そこでは一切、炎上もクソリプもない。

みんな居心地が良いし、
嫌な気持ちになることなく
欲しい情報だけが入ってくる。

きっと、こういう流れは
今後どんどん進むだろう、と。

徹底的にシステムで解決していく

もうひとつ。
「アフォーダンス」の発想が良かった。

西野さんのオンラインサロンという
クローズドな場でもやはり揉め事は起きる。

そういうときに、どう対処するか?

「問題は徹底的にシステムで解決していく」
と西野さんは言う。

揉めた時、注意する人がいるとどうなるか?

仮に100%自分が悪かったとしても、
注意された側はやはり良い気分はしない。

だから注意することなく、
人が問題を起こさないように
「設計」をしていくのだという。

例えば。

男性トイレの小便器に貼ってある
ターゲットシール。

これは「貼り紙」のように
言葉で注意はしていない。
けれど、人に行動の改善を促す
仕掛けになっている。

レストランでもバーでも。

大きな声で話して欲しくない場所であれば、
照明をロウソクに変えてみる。
そうすれば誰かが注意をしなくても、
自然と声のトーンは落ちる。

こういうデザインや環境によって
人の行動を変えさせていくことを
「アフォーダンス」というらしい。

こんなふうに、「人が人に注意することなく、課題を解決するシステム」をとにかく考えまくる。そうすると、その空間は超平和になる。

そうやって、一つひとつアフォーダンスみたいなものを設計していくんですよ。

システムエラーを改善しよう

そして例によって例のごとく、
発想は飛躍してしまうのだけど、、、

同年齢の子を無作為に何十人も集める。

毎日毎日、同じ空間で
同じ教科を同じペースで学ばせる。

そしたら、やっぱり合う子合わない子、
そりゃあ出るだろうな、と。

漠然と言うのだけど、学校という場にも
「アフォーダンス」のような発想、
必要なんじゃないかな?

先生たちの現場力に頼り過ぎてるというか。

そんなこんなを思ったし、日々、
いろんなことにアフォーダンス設計を
意識してみたい、と思った次第。

「システムエラー」を改善しよう。

今日も良い1日を。

プロフィール写真

 

記事を読んで何か感じることがあれば、ぜひコメント欄にご意見やご感想をお寄せください。

更新の励みになります。バナーのクリックお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
Sponsored Link



まず親が幸せになる|びーんずネット

不登校のセミナーやカウンセリング、インタビュー事例集をお届けする活動を夫婦でしています。ぜひご覧ください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1972年生まれ。 息子の忍介は書字の学習障害と軽度の発達障害があり、小学三年生の時に不登校になりました(現在通信制高校1年生・忍者好き)。 不登校や親子関係の悩みについて、セミナーや講座をお届けする「びーんずネット」の事務局を担当しています。趣味はマラソン。不登校をテーマにしたインタビュー事例集『雲の向こうはいつも青空』を出版しています。