秀逸なタイトル

Sponsored Link

 

『嫌われる勇気』

はご存知、大ヒットしたアドラー本だ。

なんと言っても秀逸なのはそのタイトルだ。

誰しも人から嫌われるのは嫌だ。

そうですよね?

でもそこにあえて「勇気」を持ってくる。

嫌われる、その勇気。

ん?
それってどんな勇気?

ってね、ものすごく「引き」がある。

だからこの記事見出しを見たときには
思わず「うまい!」と心の中で叫んだ。

有料記事なので詳細読めないのだけど、、、

でももう見出しだけで十分だ。笑

不登校・ひきこもり経験談冊子
『休ませる勇気』

その勇気、大事だよね。
そしてこのネーミングセンス、
憎いね兄貴。トレビアン!

さて。

タイトルの良さ、ということで言えば、
蓑田雅之さんの本も個人的には大好きだ。

『「とりあえずビール。」で、
不登校を解決する』。

これは第1章を読み終わると
その意味するところがわかり、

本全体を読み終わったときに
めちゃめちゃ納得&感動、
という仕立てになっている。

読んで涙が出た、という人も結構多い。
いや、本当に目からウロコの話だとも思う。

まだお読みでない方はぜひ。

世間的にはいざ知らず、
WEB限定販売のびーんずネット的には
もう大ヒット好評発売中なんです。

近日重版予定(ばんざーい!)。

今日も良い1日を。

プロフィール写真

 

記事を読んで何か感じることがあれば、ぜひコメント欄にご意見やご感想をお寄せください。

更新の励みになります。バナーのクリックお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
Sponsored Link



まず親が幸せになる|びーんずネット

不登校のセミナーやカウンセリング、インタビュー事例集をお届けする活動を夫婦でしています。ぜひご覧ください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1972年生まれ。 息子の忍介は書字の学習障害と軽度の発達障害があり、小学三年生の時に不登校になりました(現在通信制高校生・忍者好き)。 不登校や親子関係の悩みについて、セミナーや講座をお届けする「びーんずネット」の事務局を担当しています。趣味はマラソン。不登校をテーマにしたインタビュー事例集『雲の向こうはいつも青空』を出版しています。