最初からそうすればよかった

Sponsored Link

 

家から持ってきた小型プリンターの
WiFi設定をして、、、

プリントをかける。

だけど、なぜかずっと
オフラインのままでデータを認識しない。

え? 困るじゃんね!!!

ワーケーションのキモは、
自宅から持ってきた書籍の在庫を
出先でも通常通り発送することだ。

納品書や宛名ラベルが出力できなければ、
全部が無になる。

完全に頭に血が上った。

ググりまくって、あらゆる設定を試す。
電源引っこ抜いて再起動、を繰り返す。

でも、やれどもやれどもどうにもならない。

気がつけば午後もう3時間以上、
ただプリンターをつなぐためだけに
時間を無駄に費やしてしまった。

「せっかくこれだけここまで
時間も手間暇もかけたのだから」

と、ゼロベースで頭を切り替えることが
致命的に遅れてしまった。

結局どうしたかというと、
プリンターの接続を諦めた。

かわりにSDカードにデータを入れて、
近くのセブンイレブンに持って行って
プリントサービスで出した。

宛名ラベルはカッターで切って糊で貼った。

何が言いたいか?

最初からそうすればよかった。。。。。

完全に「サンクコスト」だった。

英語表記はsunk cost。既に投資した事業から撤退しても回収できないコストのことで、埋没費用ともいう。それまでに費やした労力やお金、時間などを惜しんで、それが今後の意思決定に影響を与えることを、サンクコスト効果と呼ぶ。
https://www.nomura.co.jp/terms/japan/sa/A02367.html

頭に血が上ると良くない。

教訓。

冷静にファイトする。
ダメなら早々に諦める。

という反省なんでした。

あとなんかこれって、
不登校初期にしゃかりきになって
親が子どもを学校に行かそうとするのに
ちょっと似てる気がする。

早めの頭の切り替え、大事だよなと。

今日も良い1日を。

プロフィール写真

 

記事を読んで何か感じることがあれば、ぜひコメント欄にご意見やご感想をお寄せください。

更新の励みになります。バナーのクリックお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
Sponsored Link



まず親が幸せになる|びーんずネット

不登校のセミナーやカウンセリング、インタビュー事例集をお届けする活動を夫婦でしています。ぜひご覧ください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1972年生まれ。 息子の忍介は書字の学習障害と軽度の発達障害があり、小学三年生の時に不登校になりました(現在19歳・忍者好き)。 不登校や親子関係の悩みについて、セミナーや講座をお届けする「びーんずネット」の事務局を担当しています。趣味はマラソン。不登校をテーマにしたインタビュー事例集『雲の向こうはいつも青空』や各種書籍の出版をしています。