起き上がるのは一番最後でいい

Sponsored Link

 

1997年といえばもう四半世紀も前のことだ。

ちょうどその年の2月に結婚した。
NHKの連続テレビ小説は『あぐり』で、
僕もよく朝出がけに支度をしながら観た。

でもこのシーンは覚えていなかった。

主人公あぐりが念願の美容院を
建設するために大切に貯めていたお金。

それをあろうことか
道楽夫のエイスケが使い込んでしまった。

落ち込んでいるあぐりを
母親が慰めるときのセリフだ。

「誰だって転ぶのよ。大切なことは、誰のせいで転んだとか、そういうことを言うんじゃなくて、転んだら転んだまま大空を見なさい。そして深呼吸をするの。それから、これからどうするかを考えればいいのよ。起き上がるのは一番最後でいいの」

日本講演新聞2月28日号・水谷編集長の
コラム「転載して過去を未来へ」
で紹介されていた一節だ。

起き上がるのは一番最後でいい。

なるほどね。

そう言えば、で思い出したのだけど。

永遠の名作「あしたのジョー」と言えば、
「立て、立て、立つんだジョー!」
と涙ながらに叫ぶ丹下段平がセットだけど、

ご存知でしたか?

矢吹丈が生涯で喫した全52回のダウン中、
段平は3回しか「立て」と言っていない。

それどころか大抵の場合は

「まだ立つな、
カウント・エイトまで休んでろ」

と言っている。

カウント・エイトまで休んでろ!

2018.09.02

起き上がるのは一番最後でいい。

本当にね、ついね、
転んだり、ダウンしたり、
不登校になったりひきこもったりすると、
どうしてもね、うろたえがちになる。

なぜか?

あ、もうやめときましょうね。笑

起き上がるのは一番最後でいい。

転んだまま大空眺めて深呼吸。
盛大に転ぶもまた人生。

と、鷹揚に行きたいものです。

今日も良い1日を。

プロフィール写真

 

記事を読んで何か感じることがあれば、ぜひコメント欄にご意見やご感想をお寄せください。

更新の励みになります。バナーのクリックお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
Sponsored Link



まず親が幸せになる|びーんずネット

不登校のセミナーやカウンセリング、インタビュー事例集をお届けする活動を夫婦でしています。ぜひご覧ください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1972年生まれ。 息子の忍介は書字の学習障害と軽度の発達障害があり、小学三年生の時に不登校になりました(現在18歳・忍者好き)。 不登校や親子関係の悩みについて、セミナーや講座をお届けする「びーんずネット」の事務局を担当しています。趣味はマラソン。不登校をテーマにしたインタビュー事例集『雲の向こうはいつも青空』を出版しています。