いまだに夢に見る

Sponsored Link

 

不登校とは関係のないことなのだけど、、、

金子純一当年とって50歳。

♪人間五十年、下天の内をくらぶれば(信長)

もとい!

人間を五十年もやってれば、
そりゃあ、いろいろある。

いろいろありますとも。

♪人生いろいろ 男もいろいろ(千代子)

違う!

と、こうやって照れ隠しで
ふざけてしまう自分が毎度ながら嫌だ。

えーっと、ですね。

もう何年も前のことだし、自分としては
全然終わった話のつもりでいる。

でもね、いまだに夢に見るんだよな。

いまだに夢に見る。

いかに自分が悔しく思っていたか。
突き放された孤独感を抱えていたか。
理解されない悲しみを背負っていたか。

「もう何年も前の話じゃんよ」

とは思う。

でも夢の中では彼らは容赦しない。
人のことを愚弄し、囃し立てて嘲笑う。

「いい加減にしろよお前ら!」

と、僕は怒鳴ったりしない。

じっと黙って悔しさを噛み殺している。
いつもそんな話だ。

朝っぱらから暗い話になった。

何が言いたいか?

蓑田雅之さんの本
『「とりあえずビール。」で、
不登校を解決する』の中にも
出てくる話なのだけど――。

心の傷は目に見えない。
だからこそ、やっかいだ。

もし子どもが学校から
だらだら血を流して帰ってきたら。

傷の手当てをしますよね?

まずは治療が優先ですよね?
頑張れ負けるなとは言いませんよね?

でも心の傷は目に見えない。
だから親は子どもを学校へ戻そうとする。

子どもの心の傷は目に見えないから。

その話を思い出した。

僕にもまだ癒えてない心の傷がある。

なぜか?

にんげんだもの(みつを)

って、さすがにもういい加減、
この展開自分でも飽きてきた。笑

さあ今日も元気に、
希望を持って忙しく。

良い1日を。

プロフィール写真

 

記事を読んで何か感じることがあれば、ぜひコメント欄にご意見やご感想をお寄せください。

更新の励みになります。バナーのクリックお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
Sponsored Link



まず親が幸せになる|びーんずネット

不登校のセミナーやカウンセリング、インタビュー事例集をお届けする活動を夫婦でしています。ぜひご覧ください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1972年生まれ。 息子の忍介は書字の学習障害と軽度の発達障害があり、小学三年生の時に不登校になりました(現在通信制高校生・忍者好き)。 不登校や親子関係の悩みについて、セミナーや講座をお届けする「びーんずネット」の事務局を担当しています。趣味はマラソン。不登校をテーマにしたインタビュー事例集『雲の向こうはいつも青空』を出版しています。