優劣が無いし、前提が違う

優劣が無いし、前提が違う

忍介が徹夜で一晩中ゲームする日が続いている。

徹夜ゲーム、結構だ。

どうぞ徹底的にやって、やって、やりまくって、出来ればついでに飽きてくれ。

 

隣のリビングで彼がゲームをしているんだけど、ゲームしながらスカイプで友達と話している声が響いてくる。

それがうるさくて耳障りで、目が覚めてしまうし眠れない。

WiFiの都合で、自分の部屋ではダメで、リビングでやりたいらしい。

夜中に起きるたびに静かにしてもらうように彼に言うのだけど、ずっとボソボソ隣室から一晩中声が響いているのは、やはり気分がいいものじゃない。

 

不登校という名のギフトなんてタイトルつけておいてナンだけど、

やっぱりこの部分「解脱」出来ていないというか、これで本当に将来大丈夫だろうか?という気持ちは大いにある。

 

これが例えば何かもっと別な好きなこと—例えば太宰治でも、ライトノベルでも漫画でもいいや、本を夢中になって徹夜で読むとかなら、こちらもまだ心穏やかなんだろうと思う。

もちろんゲームだって、彼にとっては「大好きで時間を忘れるくらい夢中なもの」な訳で、そこに優劣を見るのは単に親の”価値観”の問題だ。

 

改めて書き出してみる。

<僕の価値観(上から順に価値を感じるもの)>

 ①太宰治

 ②ライトノベル

 ③漫画

 ④ゲーム

<忍介の価値観(上から順に価値を感じるもの)>

 ①ゲーム

 ②漫画+ライトノベル+太宰治

(↑多分、僕と違ってここに優劣がない)

親が感じている優劣は、子どもにはないのだ。

その前提が違うから、親と子の意識が噛み合わない。

しかし「子どもがゲームに没頭すること」というのは、きっと親にとって一番熱くなりやすい、導火線というかチャッカマンだ。

この部分ホント、「解脱」が難しい。

プロフィール写真

 

記事を読んで何か感じることがあれば、ぜひコメント欄にご意見やご感想をお寄せください。

 

更新の励みになります。バナーのクリックお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

 

Sponsored Link
優劣が無いし、前提が違う



まず親が幸せになる|びーんずネット

不登校のセミナーやカウンセリング、インタビュー事例集をお届けする活動を夫婦でしています。ぜひご覧ください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1972年生まれ。 息子の忍介は書字の学習障害と軽度の発達障害があり、小学三年生の時に不登校になりました(現在通信制高校1年生・忍者好き)。 不登校や親子関係の悩みについて、セミナーや講座をお届けする「びーんずネット」の事務局を担当しています。趣味はマラソン。不登校をテーマにしたインタビュー事例集『雲の向こうはいつも青空』を出版しています。