気になる相槌

気になる相槌

あくまでも感覚値の話で、
何か統計があるわけではない。

でも、最近の若い女子たちの使う、
気になる相槌がある。

「確かに」

っていうやつだ。

例えば—-。

「〇●って▲▷じゃん」
「確かに」
「それ言うなら■◇も○▲じゃなくね?」
「確かに!」
「▲▽も◇●だったよ」
「確かにぃ」

とにかく相槌が「確かに」なのだ。
違和感を感じるくらいに…。

なぜ重宝されるのか?

なんでこんなに
「確かに」が重宝されているのか、
僕なりに考えてみた。

  • 否定せず受け入れている
  • 気づきを得ている感じがする
  • 納得感を示している

この3つの要素が
「確かに」という相槌にはあると思う。

相手の意見を受け入れ、
新しく気づかされて、
かつそれに納得してしている。

そういう意味で便利な相槌だ。

「〇●って▲▷じゃん」
「そうだね」
「それ言うなら■◇も○▲じゃなくね?」
「だよねー」
「▲▽も◇●だったよ」
「ホントそうだよね」

確かに、と比べると
「そうだね」は単なる同意だ。

「確かに」と返すほうが、
相手の意見をより価値が高いものと
感じている雰囲気が出せる。

連発は息苦しい

それでも相槌がほぼ全部
「確かに」になっている子たちの会話を
電車の中やなんかで聞くと、
どうにも息苦しい。

そんなに相手の意見を尊重しなきゃダメか?
同調しないと排除されるのか?

「〇●って▲▷じゃん」
「えー、そうかな?」
「それ言うなら■◇も○▲じゃなくね?」
「いやいや、違うでしょ」
「▲▽も◇●だったよ」
「それ絶対盛ってるよね」

もちろん、そんな風に気安く話せる
親しい関係も多いと思う。

それでも、街に出てふと気がつくと
そこかしこから
「確かに」という相槌が聞こえてくる。
その頻度が異様に高い気がしている。

あなたはそう思いませんか?

「確かに…」

と答えてもらわなくても、
別にいいんですよ。笑

プロフィール写真

 

記事を読んで何か感じることがあれば、ぜひコメント欄にご意見やご感想をお寄せください。

 

更新の励みになります。バナーのクリックお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

 

Sponsored Link
気になる相槌



まず親が幸せになる|びーんずネット

不登校や親子関係の悩みについて、セミナーやコミュニケーション講座、カウンセリングをお届けする活動を夫婦でしています。ぜひご覧ください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1972年生まれ。 息子の忍介は書字の学習障害と軽度の発達障害があり、小学三年生の時に不登校になりました(現在中学3年生・デモクラティックスクールを経て2019年春からホームスクーラー/忍者好き)。 不登校や親子関係の悩みについて、セミナーや講座をお届けする「びーんずネット」の事務局を担当しています。趣味はマラソン。不登校をテーマにしたインタビュー事例集『雲の向こうはいつも青空』を出版しています。