そうじゃなくても、それも人生

Sponsored Link

 

昨日も書いたことだけど、
我が家のおこもり王子が
2泊3日のスクーリングに
昨日から行っている。

7年ぶりの教室と黒板

2020.11.10

自分で自分のことを
良かったなあと思うのは、
アレコレ言わなかったことだ。

「緊張してる?」

「友達できるといいね」

「リラックスして楽しんで」

そんなふうに言いたい気持ちも、
まったくないではない。

でもそういう類のことは一切、
何も彼には言わなかった。

「人生には何日か、気が重いけど
超えなければいけない日がある。
今日がそのうちの1日だ」

――というようなことを
ボソッと言っていた忍介。

特大の出陣のホラ貝を鳴らすこともなく。
夫婦で淡々と彼を見送った。

このスクーリング。

楽しめるといいけど、
そうじゃなくても、それも人生だ。

今日も良い1日を。

プロフィール写真

 

記事を読んで何か感じることがあれば、ぜひコメント欄にご意見やご感想をお寄せください。

更新の励みになります。バナーのクリックお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
Sponsored Link



まず親が幸せになる|びーんずネット

不登校のセミナーやカウンセリング、インタビュー事例集をお届けする活動を夫婦でしています。ぜひご覧ください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1972年生まれ。 息子の忍介は書字の学習障害と軽度の発達障害があり、小学三年生の時に不登校になりました(現在通信制高校1年生・忍者好き)。 不登校や親子関係の悩みについて、セミナーや講座をお届けする「びーんずネット」の事務局を担当しています。趣味はマラソン。不登校をテーマにしたインタビュー事例集『雲の向こうはいつも青空』を出版しています。