ありのままの僕でいい

ありのままの僕でいい

まず、親が幸せになる、をテーマに
不登校や親子関係の悩みについて、
セミナーや講座、カウンセリングを
届ける活動をしている。
(写真は前回のセミナー時のもの)

セミナーを開催して
嬉しいことは沢山あるんだけど、

強いて言うなら次の2つだ。

1つは、みなさんの変化。

会場に来た時の顔と帰る時の顔が
明らかに変わっている方がいる。

端的に言うと、
とても明るくなっている。

参加することで
心が軽くなる部分があったんだなあ、と
嬉しく思う部分だ。

もう一つはみなさんが作リ出す
「場の空気」の良さ。

『雰囲気がとても良かったです。立派なことを言わなくてもいい雰囲気で、だからと言って暗くもない感じがちょうど良かったです(M.N.さん)』

『心がやわらかくなるセミナーでした(T.S.さん)』

『悩んでる方、辛い方が”吐き出せる”時間だったので、抱えてる”何か”がある方には参加して欲しいです(O.J.さん)』

『タイトルが気になった方が集まったので、皆さん一体感があったと思います(Y.R.さん)』

『とてもアットホームで温かなセミナーでした(M.J.さん)』

アンケートではそういった声を
いただくことが多いんだけど、

お互いが率直に感じたことを話すには
その場が「安心・安全の場」であることが
何より大切だと思う。

ありがたいことに

僕らののセミナーに
来てくださるみなさんには
本当に恵まれていて、

毎回とても良い空気が流れている。
そのことが、本当に嬉しい。

次回セミナーは9月15日(土)開催

あなたは、あるがままでいい。
誰かと比べる必要なんてない。
人にはそれぞれの生き方がある。

絵本「ひび割れ壺と少年」からは
そんなあたたかく、
力強いメッセージを
受け取ることができます。

この絵本の絵を担当された大村竜夫さんは、
1枚の絵を色鉛筆で1ヶ月から2ヶ月かけて
丁寧に描きます。

大村さんは小学校5年生で不登校になり、
学校へ通うことなく、
独学で絵を描かれるようになりました。

ご自身も不登校で悩まれた経験のある
大村さんをゲストにお迎えして、

学校について、
人それぞれの生き方について、
トークセッション形式で考えます。

定員15名さまの、とても
アットホームな雰囲気のセミナーです。

よろしければぜひ、ご参加ください。

セミナー詳細を確認する↓↓↓
https://beans-n.com/event/event0915/

プロフィール写真

 

記事を読んで何か感じることがあれば、ぜひコメント欄にご意見やご感想をお寄せください。

 

更新の励みになります。バナーのクリックお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

P.S.
あなたは子育てでこんな思い違いをしていませんか?
https://peraichi.com/landing_pages/view/pet0918beansnet

Sponsored Link
ありのままの僕でいい



まず親が幸せになる|びーんずネット

不登校のセミナーやカウンセリング、インタビュー事例集をお届けする活動を夫婦でしています。ぜひご覧ください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1972年生まれ。 息子の忍介は書字の学習障害と軽度の発達障害があり、小学三年生の時に不登校になりました(現在通信制高校1年生・忍者好き)。 不登校や親子関係の悩みについて、セミナーや講座をお届けする「びーんずネット」の事務局を担当しています。趣味はマラソン。不登校をテーマにしたインタビュー事例集『雲の向こうはいつも青空』を出版しています。