1996年7月28日アトランタ

Sponsored Link

 

またしても酷い豪雨だ。

もちろんこんな雨の朝は走らない。

走れない日は踏み台昇降するのだけど、
これが地味につまらない。
15分もやると必ず飽きてしまう。

と、思いつくまま書くと
いつものごとくグダグダになるので、、、

昨日の男子マラソン・大迫の
“魂の走り”に触発されて、
本棚から引っ張り出して読んでみた。

村上春樹がオリンピックをルポした本
「シドニー」の冒頭に収録された
「1996年7月28日アトランタ」。

オリンピック女子マラソンレースを
有森裕子の視点で描いた17ページの短編だ。

僕がこれを初めて読んだのは
1日40本タバコを吸っていた頃で、
マラソンレースなんて太陽系外の話だった。

でも恐ろしいくらい心震える文章だった。

僕はこの短編は、日本語で書かれた文章で
一番素晴らしいものだと思っている。

これまで83回くらい読み返しているけど、
まったく飽きない。

そして毎回涙が出る。

「完璧な文章など存在しない」

というのが『風の歌を聴け』の書き出しだ。

でも正にこの17ページの短編は
「完璧な文章そのもの」だと思う。

何を、そんな、大袈裟に、
って思いますか?

嘘じゃないです。
よかったらぜひ読んでみてください。

って、もうこんな雨だし、
大迫素晴らしかったし、
もう一回読んじゃおう。笑

今日も良い1日を。

プロフィール写真

 

記事を読んで何か感じることがあれば、ぜひコメント欄にご意見やご感想をお寄せください。

更新の励みになります。バナーのクリックお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
Sponsored Link



まず親が幸せになる|びーんずネット

不登校のセミナーやカウンセリング、インタビュー事例集をお届けする活動を夫婦でしています。ぜひご覧ください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1972年生まれ。 息子の忍介は書字の学習障害と軽度の発達障害があり、小学三年生の時に不登校になりました(現在通信制高校生・忍者好き)。 不登校や親子関係の悩みについて、セミナーや講座をお届けする「びーんずネット」の事務局を担当しています。趣味はマラソン。不登校をテーマにしたインタビュー事例集『雲の向こうはいつも青空』を出版しています。