第九交響曲を聴きながら走る

Sponsored Link

 

冬の寒い朝。
走りに出るのは億劫だ。

でもここ何日か、
ちょっとした非日常感を楽しんでいる。

スマホにダウンロードした
第九交響曲を聴きながら走っているのだ。

年末に第九、っていうのは日本だけらしい。

けど、そんなの関係ないもんね!

年末と言えば僕にとっちゃあ第九なのだ。

リアルなコンサートでも10回以上、
レコードやCDで通して聴いたことも
たぶん100回以上はある。

でも何度聴いても良いんだよなコレ。

綾なすポリリズムと広がる夢幻の和声。
とても聴覚に障害があったとは思えない。

ダサい部分、クドい部分、全部含めて
ベートーベン以外の何物ですらない。笑

冬の寒い朝。
眼に映る街の風景は変わらない。

だがしかし!

風呂出で詩へ寝る月照る粉健
Freude, schöner Götterfunken

これがBGMだとやたらと祝祭感がある。

ということで今朝も走りに出ます。

第九聴きながら年末の街を走るのは、
なかなかオツなものなので――。

日々のランニングがマンネリ気味な人は
ぜひ、お試しあれ。

今日も良い1日を。

プロフィール写真

 

記事を読んで何か感じることがあれば、ぜひコメント欄にご意見やご感想をお寄せください。

更新の励みになります。バナーのクリックお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
Sponsored Link



まず親が幸せになる|びーんずネット

不登校のセミナーやカウンセリング、インタビュー事例集をお届けする活動を夫婦でしています。ぜひご覧ください。




2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    1972年生まれ。 息子の忍介は書字の学習障害と軽度の発達障害があり、小学三年生の時に不登校になりました(現在通信制高校生・忍者好き)。 不登校や親子関係の悩みについて、セミナーや講座をお届けする「びーんずネット」の事務局を担当しています。趣味はマラソン。不登校をテーマにしたインタビュー事例集『雲の向こうはいつも青空』を出版しています。