死に行く覚悟、はもうないけれど

マラソンの前日はいつも緊張していた。
どうも落ち着かなくて、
常に胸がドキドキしている感じ。
実はそれが結構なストレスだった。

僕は毎晩結構な量のお酒を飲む。
寝込んだ時でない限り、欠かさず毎日飲む。

それでもマラソン前日だけは禁酒してきた。

でも前日をもっとリラックスして迎えたい。

その思いが高まって、三年前に
静岡マラソンを走る前日、
いつもよりは少なめに酒を飲んだ。

そしたらセカンドベストに次ぐタイムが出た。

気を良くして前日禁酒を解禁したら、
冬の湘南国際で自己ベストを出した。

以来、前日も通常通り飲む。

今日の静岡マラソン。
始発の新幹線に乗れば家からでも
スタートに間に合わなくもないけど、
バタバタするのが嫌なので前泊した。

昨日は駅前の居酒屋で一人で飲んだ。

リラックスはできているんだけど、
レースに臨むテンションは正直、
今までと比べて目盛り一つ分くらい
低くなっているのは否めない。

村上春樹が書いていた。
100kmのウルトラマラソンを走った後、
マラソンを走ることに対して
情熱が減ってしまった気がする、と。

考えてみれば僕も去年、
100kmのウルトラマラソンを走った。

100kmを完走すると、フルマラソンも
なんだか10kmのレースみたいに
感じてしまうというか、、、

42kmという距離に対しての敬意がどこか
薄れてしまった気がする。

今年のNHK大河ドラマでおなじみ、
初の五輪マラソン代表の金栗四三。

42.195kmという文字を語呂合わせで
「死に行く覚悟」と言ったそうだけど、

最初に走るときは僕も本当に
そのつもりで、まなじり決して走った。

今はさすがにそこまで思わない。

それでもやるからにはやっぱり
良い形で、きっちり走り切りたい。

今日は自己ベストは狙わない。
目標はネットで3時間29分59秒。

16回目のフルマラソン。
スタートは8時20分。

11時50分頃、ゴール地点の
JR清水駅前にたどり着く。

サンバ隊とハイタッチしながら
満面の笑顔でフィニッシュする。

願わくば!

プロフィール写真

 

記事を読んで何か感じることがあれば、ぜひコメント欄にご意見やご感想をお寄せください。

 

更新の励みになります。バナーのクリックお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
Sponsored Link



まず親が幸せになる|びーんずネット

不登校のセミナーやカウンセリング、インタビュー事例集をお届けする活動を夫婦でしています。ぜひご覧ください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1972年生まれ。 息子の忍介は書字の学習障害と軽度の発達障害があり、小学三年生の時に不登校になりました(現在通信制高校1年生・忍者好き)。 不登校や親子関係の悩みについて、セミナーや講座をお届けする「びーんずネット」の事務局を担当しています。趣味はマラソン。不登校をテーマにしたインタビュー事例集『雲の向こうはいつも青空』を出版しています。