紳士的に振る舞う?

紳士的に振る舞う?
Sponsored Link

 

朝起きるとリビングに忍介がいる。
「また、昼夜逆転しちゃった」
と言いながら話しかけてきた。

「お父さん、一人称って
話す相手によって変えてる?」

「もちろん変えてるさ」と僕。

「基本は僕かオレ。
友達と話すときはオレで、
家族と話すときは僕が多いかな?
仕事では私。忍介にはお父さん。
時々ふざけてオイラとか俺っち」

「やっぱそうだよね」と忍介。

どうしてそんなことを聞くのか
たずねると、友達とゲームをしてる時
一人称を「私」に変えてみたらしく。

キモいと引かれた、との由。

14歳男子が言えば、そりゃあそうだろう。

「なんで、また私を使いたいの?」

「いやあ――、なんていうか
紳士的でありたいんだよね」と忍介。

「で、紳士的であるにはまず、
一人称からかな、と思ったわけですよ。
ほらサラリーマン達は私って言うでしょ?
まず言葉から紳士的であろうとしてさ」

はっきり言って紳士とは言えない
サラリーマンは結構多いし、ぜんたい、
なんだかよくわからない理屈だけど、
まあそういうことらしい。

「紳士的でありたい、というのは
ゲームの中での振る舞いのこと?」

「そう」

「それで、紳士的にゲームをやってみて
どうだった? 強かった、弱かった?」

「それがね」と嬉しそうな忍介。

「やってみると意外に強くってね。
いやあ、良かったよ」

「そうなんだ。そりゃ良かった」と僕。

「じゃ、おやすみ」と彼。

そんなこんな、
土曜午前5時半の父子の会話だった。

毎度ながらの備忘録として。

しかし対戦ゲームにおいての
紳士的な振る舞いって
一体どういうものなんだろう?

一人称をわたしにすると強くなる?

ユニークすぎて理解に苦しむ。笑

プロフィール写真

 

記事を読んで何か感じることがあれば、ぜひコメント欄にご意見やご感想をお寄せください。

 

更新の励みになります。バナーのクリックお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
Sponsored Link
紳士的に振る舞う?



まず親が幸せになる|びーんずネット

不登校や親子関係の悩みについて、セミナーやコミュニケーション講座、カウンセリングをお届けする活動を夫婦でしています。ぜひご覧ください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1972年生まれ。 息子の忍介は書字の学習障害と軽度の発達障害があり、小学三年生の時に不登校になりました(現在中学3年生・デモクラティックスクールを経て2019年春からホームスクーラー/忍者好き)。 不登校や親子関係の悩みについて、セミナーや講座をお届けする「びーんずネット」の事務局を担当しています。趣味はマラソン。不登校をテーマにしたインタビュー事例集『雲の向こうはいつも青空』を出版しています。