ビンテージ

ビンテージ
Sponsored Link

 

昨日は3週連続30km走の第2戦目だった。

荒川の河川敷はまだ台風の被害が
残っているとのことで、
会場が駒沢公園に変更になった。

1周2.14kmのコースを14周する30km走。

スタート時間ぎりぎりの9時30分に
会場に到着するも、それらしき受付はなく。

集団に給水の伴走をしている人がいたので
たずねると、9時スタートでもうすでに
始まっているとのこと。

スタート時間を間違えていたことに
かなりがっかりしながらも、
自分のペースに近い集団を教えてもらって
そこに混ざる。

朝の駒沢公園を走るのは心地よかった。

集団の中でペースを保って走るのは
単独走と比べて断然ラクだ。

1周ごとに給水の伴走の人が
水とスポーツドリンクを渡してくれる。
それを2列縦隊の集団で回し飲みする。

頭をからっぽにしてただただ走る。
あっという間に20kmを走れたけど、、、

僕は30分遅刻したので、
僕にとっての11周目で集団はゴールとなる。
残り3周7kmが一人旅になる。

単独走になったのが理由なのか、
蓄積した疲労が理由なのかはわからない。
途端にペースを維持するのがキツくなった。

周回ごとの給水もないから喉も渇く。
立ち止まって自販機でスポドリ買って飲む。

なんとか気持ちを奮って一人きりのゴール。
タイム2時間38分30秒。
1km平均5分16秒くらいか。

先週のようにゾンビにならず、
ペースを保って走りきれたのは良かった。

ただ、本番のフルマラソンまで
ジャスト1ヶ月の時点で
30km走でこんなに余裕がないと、
目標にしている1km5分、
3時間30分を目指すのは正直厳しい。

何ヶ月も何百キロもコツコツ走ってきて、
の結果だから思うところは大いにある。

でもこれが今の仕上がりなんだから
受け入れるしかない。

汗を拭きながら、先日ラジオで聞いた
Official髭男dizmの「ビンテージ」
という曲の一節を唐突に思い出した。

綺麗とは傷あとが無いことじゃない
傷さえ愛しいというキセキだ

キセキは奇跡なのか、軌跡なのか――。

いずれにせよ。
綺麗とは傷あとが無いことじゃない。
傷さえ愛しいと思えたら。
ビンテージなのだ、と。

簡単じゃないけど、、、

しみじみ、そんなことを
脈絡もなく思った土曜日の昼下がり。

来週、もう1回30kmを走る。どうか
3週連続の効果が現れてくれますように!

プロフィール写真

 

記事を読んで何か感じることがあれば、ぜひコメント欄にご意見やご感想をお寄せください。

 

更新の励みになります。バナーのクリックお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
Sponsored Link
ビンテージ



まず親が幸せになる|びーんずネット

不登校や親子関係の悩みについて、セミナーやコミュニケーション講座、カウンセリングをお届けする活動を夫婦でしています。ぜひご覧ください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1972年生まれ。 息子の忍介は書字の学習障害と軽度の発達障害があり、小学三年生の時に不登校になりました(現在中学3年生・デモクラティックスクールを経て2019年春からホームスクーラー/忍者好き)。 不登校や親子関係の悩みについて、セミナーや講座をお届けする「びーんずネット」の事務局を担当しています。趣味はマラソン。不登校をテーマにしたインタビュー事例集『雲の向こうはいつも青空』を出版しています。