時代は21世紀

Sponsored Link

 

三月末に申し込んだ通信制高校から
合格通知書と入学のしおりが届いた。

が、、、

そんなことも、コロナウィルスも
どこ吹く風の我が家の忍介15歳。

完全に家にこもりきったまま、
ニュージーランドに留学している友人と
ネットで繋がりながら連日ゲーム三昧だ。

ホント、おうちから一歩も出ずに毎日
1万キロ彼方の友達とダベりながら
ゲーム!の図を見ると不思議な気がする。

まあ、忍介には当たり前すぎて
それのどこが不思議なのか
きっとわからないのだろうけど。

通信制高校での学習はWEB経由。

なので、タブレットは必須で
所持してくださいね、との案内だ。

改めて、思う。

こういう道もあるんだなあ、と。

とにかく勉強して入学試験をパスする――。

進学というのはそういうものだ、
というイメージがあった。

申し込めば入学出来る高校とか、
通学しないでタブレット学習とか、

ああ、時代は21世紀なのね、と。笑

やっぱりまだ中身は昭和なんだよね、
俺っちの頭って。

いつものごとく、備忘録として。
今日も良い一日を。

プロフィール写真

 

記事を読んで何か感じることがあれば、ぜひコメント欄にご意見やご感想をお寄せください。

更新の励みになります。バナーのクリックお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
Sponsored Link



まず親が幸せになる|びーんずネット

不登校のセミナーやカウンセリング、インタビュー事例集をお届けする活動を夫婦でしています。ぜひご覧ください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1972年生まれ。 息子の忍介は書字の学習障害と軽度の発達障害があり、小学三年生の時に不登校になりました(現在通信制高校1年生・忍者好き)。 不登校や親子関係の悩みについて、セミナーや講座をお届けする「びーんずネット」の事務局を担当しています。趣味はマラソン。不登校をテーマにしたインタビュー事例集『雲の向こうはいつも青空』を出版しています。