二月になれば僕らは

Sponsored Link

 

2月は忍介の生まれた月で、
僕が生まれた月でもある。

忍介は15歳に、僕は48歳になる。

マジか。

48歳って言ったら立派なオトナじゃないか!
織田信長なら、本能寺で包囲される年齢だ。

人間五十年 下天の内をくらぶれば
夢幻の如くなり

とまあ、僕や信長のことはともかく。

15年前と言えば、ほんのこの間の気がする。

晴れた冬の日。うららかな日差しの待合室。
生まれたのは午後4時頃だった。
初めて我が子を抱っこした時の、
胸がキュッとなった感覚は今も思い出せる。

その日は忍介の写真を撮りまくった。
家に帰ったあと一枚残らずプリントして、
それを壁中に貼りつけた。

それを肴に、
へべれけになるまで飲んで喜んだ。
今なら死んでもいい、とまで思った。

生まれてきてくれたことを、
ただただ喜んだ。
それだけで十分だった。

その気持ち。

忘れないようにしたいよね。
ついつい、目の前のアレコレに
とらわれてしまいがちだけど。

15年目の2月。改めてそう思った。
48年目の2月は、、、まあ別にいいか。笑

今日も良い1日を。

プロフィール写真

 

記事を読んで何か感じることがあれば、ぜひコメント欄にご意見やご感想をお寄せください。

 

更新の励みになります。バナーのクリックお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
Sponsored Link



まず親が幸せになる|びーんずネット

不登校のセミナーやカウンセリング、インタビュー事例集をお届けする活動を夫婦でしています。ぜひご覧ください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1972年生まれ。 息子の忍介は書字の学習障害と軽度の発達障害があり、小学三年生の時に不登校になりました(現在通信制高校1年生・忍者好き)。 不登校や親子関係の悩みについて、セミナーや講座をお届けする「びーんずネット」の事務局を担当しています。趣味はマラソン。不登校をテーマにしたインタビュー事例集『雲の向こうはいつも青空』を出版しています。