何年も経ってから気づくことが増えた

Sponsored Link

 

あんまり後ろ向きなことは書かない、
という運営方針でやってるブログだけど、
まあ、たまには、ということで。

自分では平気だと思っていた。
うまくやってきたつもりだった。

でも、何年も経ってから、
ああ、あのシーンでは自分は
実は結構、傷ついてたんだなあ、
と気づくことが増えた。

孤独だったなあ、とか、
理解してもらえなかったなあ、とか、
強がってたなあ、とか、
ぜんぜん味方いなかったなあ、とか。

負けないこと。
弱みを見せないこと。

そういうことに、結構こだわっていた。

今はだいぶ、そうじゃなくなった。
あくまでも「自分比」ではあるけれど。

負けてもいいし、弱み見せてもいい。
やり直してもいいし、頼ったっていい。

実際にそうするかどうかは別にして、
少なくともそう思えることが大事だ、と。

もうすぐ48回目の春にして、
今更ながら、しみじみ思うようになった。

ダメダメの自分も許せ。

難しいんだけど、さ。笑

今日も良い1日を。

プロフィール写真

 

記事を読んで何か感じることがあれば、ぜひコメント欄にご意見やご感想をお寄せください。

 

更新の励みになります。バナーのクリックお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
Sponsored Link



まず親が幸せになる|びーんずネット

不登校や親子関係の悩みについて、セミナーやコミュニケーション講座、カウンセリングをお届けする活動を夫婦でしています。ぜひご覧ください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1972年生まれ。 息子の忍介は書字の学習障害と軽度の発達障害があり、小学三年生の時に不登校になりました(現在中学3年生・デモクラティックスクールを経て2019年春からホームスクーラー/忍者好き)。 不登校や親子関係の悩みについて、セミナーや講座をお届けする「びーんずネット」の事務局を担当しています。趣味はマラソン。不登校をテーマにしたインタビュー事例集『雲の向こうはいつも青空』を出版しています。