心配する中三男子

Sponsored Link

 

僕はツイッターを見ないし、
やるつもりもない。

なぜか?

大勢の匿名の人たちが
匿名で物を言い合っているのが
好きじゃないからだ。
だから見ない。

テレビも見ない。

なぜか?

たくさんの悲しいニュースや
胸糞悪い事件を、取捨選択の余地なく
見せられるのが好きじゃないからだ。
だから見ない。

嫌なものはできるだけ見ないようにする。

道端にうんこが落ちてたら、目を逸らして
踏まないように避けるのと一緒だ。

これは、
真実から目を背けてるんだろうか?

まあ、そういう部分もあるかも知れない。

しかし、人生は短い。
我々がこの地上にいられるのは
たかだか3万日かそこらなのだ。

たかだか3万日。
できるだけ楽しく過ごしたい。

「自分が大人になる頃には、
人間はAIに仕事を取られている」

我が家の中三男子。

ふとした弾みで、割と真剣に
そういう心配をしていることが判明した。

確かにある意味、そんな世の中に
なっている部分があるかも知れない。

しかし人間の愛は不変だ。
そうですよね?

あんまり暗い見通しばかり
垂れ流すのはどうか思う。

未来ある少年少女たちが
明るく将来を思い描けるようにするには
どうしたらいいんだろうか?

AIに仕事を奪われることを心配する
中三男子と話してそんなアレコレを思った。

あ、もちろん結論はありません。笑

今日も良い1日を。

プロフィール写真

 

記事を読んで何か感じることがあれば、ぜひコメント欄にご意見やご感想をお寄せください。

 

更新の励みになります。バナーのクリックお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
Sponsored Link



まず親が幸せになる|びーんずネット

不登校のセミナーやカウンセリング、インタビュー事例集をお届けする活動を夫婦でしています。ぜひご覧ください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1972年生まれ。 息子の忍介は書字の学習障害と軽度の発達障害があり、小学三年生の時に不登校になりました(現在通信制高校1年生・忍者好き)。 不登校や親子関係の悩みについて、セミナーや講座をお届けする「びーんずネット」の事務局を担当しています。趣味はマラソン。不登校をテーマにしたインタビュー事例集『雲の向こうはいつも青空』を出版しています。