違う学び方をしているだけ

Sponsored Link

 

朝起きる。

忍介(15歳・高1・ゲーム狂)が
リビングでゲームをしている。

我が家の日常だ。

コーヒーを飲みながら思った。

いや、僕も相当にしつこいほうだと思う。

しつこいほうだと思うのだけど、、、

しかし忍介のこのしつこさは何だろう?

彼はゲームに対して
まったく「飽きる」ということを知らない。

僕がインタビューの書き起こしに
100時間かけているだの何だの…。

そんなの関係ねー!

とばかり365日、年中無休でゲームだ。

ひとつのゲームに100時間かけるのなんて
ザラどころか、むしろそれがデフォルトだ。

しかもそれを2回も3回も繰り返している。

何が言いたいか?

だからと言って僕が彼のゲームを
全くの無駄かと思っているかと言うと、
「そうじゃないなあ」とも思っている。

ゲームの物語や世界観、はたまた
武器やら何やらのディテールまで。

もうね、異様に詳しい。

うっかり語らせようものなら
マシンガントークが炸裂して止まらない。

僕が10代の頃は
漫画や文庫本から色々学んだ。

きっと彼は
僕とは違う学び方をしているだけなのだ。

変わらぬ日常の朝6時半、
ヘッドフォンして画面の中の自分を
華麗に操る15歳を見て思った。

ので書いてみたのだけど、、、

なんか以前にもまったく同じようなことを
書いた気がするゾ。

が、思い出せないのでそのまま掲載する。笑

(毎日更新の弊害=アルツハイマーになる)

今日も良い1日を。

プロフィール写真

 

記事を読んで何か感じることがあれば、ぜひコメント欄にご意見やご感想をお寄せください。

更新の励みになります。バナーのクリックお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
Sponsored Link



まず親が幸せになる|びーんずネット

不登校のセミナーやカウンセリング、インタビュー事例集をお届けする活動を夫婦でしています。ぜひご覧ください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1972年生まれ。 息子の忍介は書字の学習障害と軽度の発達障害があり、小学三年生の時に不登校になりました(現在通信制高校1年生・忍者好き)。 不登校や親子関係の悩みについて、セミナーや講座をお届けする「びーんずネット」の事務局を担当しています。趣味はマラソン。不登校をテーマにしたインタビュー事例集『雲の向こうはいつも青空』を出版しています。