壊れたコピー機に「なんで動かないんだ?」とは言わないのに

Sponsored Link

 

職場のコピー機が壊れたとき。

あなたはどうしますか?

「なんで動かないんだ」
「動け」
「負けるな」

となだめすかしたり叩いたりする人は、
たぶんマア、いないんじゃないかと思う。

なぜ動かないのか、
情報を集めて原因を探る。

そうですよね?

でもひとたび子どもが不登校になると――。

「なんで行かないんだ」
「行け」
「負けるな」

と親は言う。
特に父親はそうなりがちだ。

でもその前に。

まず情報を集めることが大事じゃないの?

という話は、本当にそうだよなあと思う。

コピーライターの蓑田雅之さんの講演抄録が
不登校新聞最新号に掲載されている。

なんと今、その記事が無料で読める。

蓑田さんのお話はいつもそうなのだけど、
情報の積み重ね方と順番が絶妙なので、
簡単に要約ができない。

っていうか、要約したくない。笑

子どもの不登校に心がざわつく人は、
ぜひ全文、読んでみてほしい。

そして「確かに!納得!」と思ったなら。

蓑田さんがお父さんに向けて書いた本
『「とりあえずビール。」で、
不登校を解決する』もぜひ、
実際に手にとって読んでみてほしい。

本当に、本当に、素晴らしい本なので、
一人でも多くの人の手に届いてほしい。

詳しくはこちらから↓↓↓

書店やアマゾンでは取扱いはないので、
上記リンクからお求めを。

今日も良い1日を。

プロフィール写真

 

記事を読んで何か感じることがあれば、ぜひコメント欄にご意見やご感想をお寄せください。

更新の励みになります。バナーのクリックお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
Sponsored Link



まず親が幸せになる|びーんずネット

不登校のセミナーやカウンセリング、インタビュー事例集をお届けする活動を夫婦でしています。ぜひご覧ください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1972年生まれ。 息子の忍介は書字の学習障害と軽度の発達障害があり、小学三年生の時に不登校になりました(現在18歳・忍者好き)。 不登校や親子関係の悩みについて、セミナーや講座をお届けする「びーんずネット」の事務局を担当しています。趣味はマラソン。不登校をテーマにしたインタビュー事例集『雲の向こうはいつも青空』を出版しています。