渦中にいたとき、僕らが本当に知りたかったこと

Sponsored Link

 

僕ら夫婦が作っている
不登校インタビュー事例集
『雲の向こうはいつも青空』。

なぜインタビューの事例集なのか?

今にして振り返って思うのだけど、
不登校の悩みの渦中にいた時、
僕らが本当に欲しかったのは
誰かのアドバイスではなかった。

ましてや可哀想に、と
同情してもらうことでもなかった。

本当に知りたかったこと。

それは、不登校のその先を
生きている人たちの事例だった。

それも、
著名な人の成功物語なんかじゃない、
市井の人の、等身大の
リアルな話が知りたかった。

なので今、自分たちでこうして作っている。

なによりも嬉しいのは、
この冊子を読んだ感想をお聞きすることだ。

ホームスクーリングで輝く
みらいタウン プロジェクト代表の
小沼陽子さんが、昨日ブログに
この冊子を読んだ感想を書いてくださった。

読ん様々な思いが湧き上がってきたこと。
本当に辛かった頃のことを思い出したこと。

冊子の感想とあわせて、ご自身のことも
大変率直にお書きになられていて、
それを読む僕自身も胸が熱くなった。

ぜひ読んでみてください。

 

そしてインタビュー事例集の方も、まだの方はぜひ!
https://beans-n.com/lp/behind-the-clouds-vol2/

プロフィール写真

 

記事を読んで何か感じることがあれば、ぜひコメント欄にご意見やご感想をお寄せください。

 

更新の励みになります。バナーのクリックお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
Sponsored Link



まず親が幸せになる|びーんずネット

不登校のセミナーやカウンセリング、インタビュー事例集をお届けする活動を夫婦でしています。ぜひご覧ください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1972年生まれ。 息子の忍介は書字の学習障害と軽度の発達障害があり、小学三年生の時に不登校になりました(現在通信制高校1年生・忍者好き)。 不登校や親子関係の悩みについて、セミナーや講座をお届けする「びーんずネット」の事務局を担当しています。趣味はマラソン。不登校をテーマにしたインタビュー事例集『雲の向こうはいつも青空』を出版しています。