シンプルな生き物と化していく感覚

Sponsored Link

 

雨の朝は走りに出ない。

走りに出ないがゆえに――。

走れないことがストレスで、
走ることに意識が向いてしまう。

もう歯磨きみたいなもんだから、
走らないと気持ち悪いんだよな。

ということで、
何度も読み返しているこの本に手が伸びて、
パラパラ読み返してしまった。

『ヨム マラソン 42.195kmの脳内活動』

日経新聞スポーツ記者
吉田誠一さんの本だ。

この本を手に取ったのは、初めて
フルマラソンを申し込んだ直後だった。

吉田さんの書くマラソン完走記は
なにしろ面白い。

ベストタイムを狙って走っていた頃は、
吉田さんを真似て僕もよく完走記を書いた。

今朝もまた読み返してしまったのだけど、
何度読んでもいい。
特に「まえがき」のこの箇所が大好きだ。

走り始めて数年後。

あるとき吉田さんは奇妙な感覚に襲われる。

「オレって、もしかして
獣に近づいているんじゃないだろうか」と。

言葉で表すのは難しいが、自分が非常にシンプルな生き物と化しつつあるような気がした。走る速度を上げていくうちに、人間として身に付けている複雑なものが次々と取り払われ、きれいになっていくというような、裸になっていくというような、真っ白になっていくというような感じだった。余計なものは何もない。つまらない思想や感情をすべて捨て去り、きわめて純度の高いもの(純粋な善人という意味ではない)になっていくような。神経が研ぎ澄まされ、尖った感じで疾走しているような感覚だった。
(略)
それが非常に快かった。「こんなに心地いいのだったら、きょうから人間やめますわ」という感じだった。

このシンプルな生き物と化していく感覚。
わかるなー、と。

そして、こういうことを
読んだり書いたりしてると、無性に
ランニングシューズが履きたくなる。

ん?
なんか、小雨になってきた?

走るか。笑

今日も良い1日を。

プロフィール写真

 

記事を読んで何か感じることがあれば、ぜひコメント欄にご意見やご感想をお寄せください。

更新の励みになります。バナーのクリックお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
Sponsored Link



まず親が幸せになる|びーんずネット

不登校のセミナーやカウンセリング、インタビュー事例集をお届けする活動を夫婦でしています。ぜひご覧ください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1972年生まれ。 息子の忍介は書字の学習障害と軽度の発達障害があり、小学三年生の時に不登校になりました(現在通信制高校1年生・忍者好き)。 不登校や親子関係の悩みについて、セミナーや講座をお届けする「びーんずネット」の事務局を担当しています。趣味はマラソン。不登校をテーマにしたインタビュー事例集『雲の向こうはいつも青空』を出版しています。