冬の朝、一緒に朝ごはんを食べに出る

Sponsored Link

 

昨日の朝、ジョギングに出よう
としていたところだった。

一緒に朝ごはんを食べに行こう、
と忍介が僕を誘う。

いいね、と応じて
二人で近所の松屋に行った。

キムチ牛丼を食べてご満悦の中三14歳。
うまいうまい、と繰り返す。

食べ終わって、
僕はジョギングへ、彼は家へ戻った。

思い返せば。

忍介が小学生の頃は、
僕が走りに出るときよく一緒に付いてきた。

不登校だった頃も、平日はともかく、
週末は二人で一緒に走ることもあった。
そうして朝ごはんに
牛丼を食べたりしたものだった。

今はもう、一緒には走らない。

でもキリッと寒い週末の冬の朝、一緒に
朝ごはんを食べに出るのはいいものだ。

そう思った。
大事にしたい時間だな、と。

今日も良い1日を。

プロフィール写真

 

記事を読んで何か感じることがあれば、ぜひコメント欄にご意見やご感想をお寄せください。

 

更新の励みになります。バナーのクリックお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
Sponsored Link



まず親が幸せになる|びーんずネット

不登校のセミナーやカウンセリング、インタビュー事例集をお届けする活動を夫婦でしています。ぜひご覧ください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1972年生まれ。 息子の忍介は書字の学習障害と軽度の発達障害があり、小学三年生の時に不登校になりました(現在通信制高校1年生・忍者好き)。 不登校や親子関係の悩みについて、セミナーや講座をお届けする「びーんずネット」の事務局を担当しています。趣味はマラソン。不登校をテーマにしたインタビュー事例集『雲の向こうはいつも青空』を出版しています。