4万ドルの強奪計画は立てなかった

Sponsored Link

 

我が家の中三14歳の忍介。

「これから4万ドルのカジノ強盗をする!」

とのたまう。
もちろん、ゲームの中の話だ。

でもそう聞くと、やっぱり穏やかじゃない。
思わずこんなふうに言いたくなる。

「おいおい、間違ってもそれ、
現実でやろうとか思わないでくれよな」

なにせ器がちっちゃんで。笑

口に出すのをすんでのところでこらえた。
代わりに聞いてみた。

「ふうん、どうやってやるの?」

警備態勢や金庫など事前情報リサーチから、
仲間との連絡・役割分担、
当日の侵入経路と脱出計画、
警察の追尾のかわし方や車両の隠し場所、
変装の方法や取り分のことまで。

細かく検討した上で決行する、という。
熱っぽく語る14歳の横顔を見ながら、
思い直した。

結構、やるじゃん。
そこまで考えてるんだ、と。

僕が熱中したことのあるゲームはゼビウス、
ストⅡ、バーチャストライカーだ。
どれもとても面白かった。

でも究極、言ってしまえば
「自分が相手を倒す」だけのゲームだ。

4万ドルの強奪計画は立てなかったな。

無事に強奪を終え、
2万6千ドルの分け前を手にした忍介。

ゲームの中で彼は自分の会社を持っている。
オフィスの内装に分け前を当てるらしい。

なんともはや。

間違っても現実でやらないでくれよ。
そんなつまらないことを言いそうだった
自分が恥ずかしくなった。

バイオレンス映画を見たからって、
暴力を振るう人がいないのと同じだね。

今日も良い1日を。

プロフィール写真

 

記事を読んで何か感じることがあれば、ぜひコメント欄にご意見やご感想をお寄せください。

 

更新の励みになります。バナーのクリックお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
Sponsored Link



まず親が幸せになる|びーんずネット

不登校のセミナーやカウンセリング、インタビュー事例集をお届けする活動を夫婦でしています。ぜひご覧ください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1972年生まれ。 息子の忍介は書字の学習障害と軽度の発達障害があり、小学三年生の時に不登校になりました(現在通信制高校1年生・忍者好き)。 不登校や親子関係の悩みについて、セミナーや講座をお届けする「びーんずネット」の事務局を担当しています。趣味はマラソン。不登校をテーマにしたインタビュー事例集『雲の向こうはいつも青空』を出版しています。