信用と信頼の違い

信用と信頼の違い
Sponsored Link

 

毎日ブログを書く。
もちろんネタに困ることも多い。

だから「ネタ帳」じゃないれど
気になったことや思いついたことは
逐一スマホのメモ帳に入力している。

でも中には使うことなく、
どんどんネタ帳の下の方へ
沈んでいくものもある。

「信用と信頼の違いは?」

というのもそのひとつで、
長らくこうメモしたまま、
でもずっと書かないでいた。

銀行がお金を貸す条件

「銀行は私たちが借りる必要がないことを
証明しない限り、お金を貸してくれない」

誰の言葉だか、言い得て妙だと思う。

銀行はこちらが必ず返せると
証明しないと金を貸さない。

「信用」という言葉には
この銀行の姿勢に近いものを感じる。

用心深いというか、固いというか。

でも「信頼」はもっと
あたたかいものというか、なんだろうな…

信用と信頼の違いは?

いつかちゃんと考えよう
と思っていたのだけど、

たまたま昨日読んだ本の中で
「ああ、これこれ!」という
ズバッとした定義に出会ってしまった。

「コルク」代表で編集者の
佐渡島庸平さんの解釈はこうだ。

信用=過去の実績や成果を
価値があると評価すること

信頼=不確実な未来のことも
信じて評価すること

ああ、これこれ!

と思いませんか?

テストで良い点だから評価するのは信用。
未来のことも信じて評価するのが信頼。

信頼しあえる関係

もちろん信用も大事だ。

銀行にお金を借りるとか、
そういう時は特に。笑

でも基本は信頼したいものじゃないですか。
子どもでも夫婦でも。

お互いを信頼しあえる関係。

そっちを志向したいものだなあ、と。
思った次第。

プロフィール写真

 

記事を読んで何か感じることがあれば、ぜひコメント欄にご意見やご感想をお寄せください。

 

更新の励みになります。バナーのクリックお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
Sponsored Link
信用と信頼の違い



まず親が幸せになる|びーんずネット

不登校のセミナーやカウンセリング、インタビュー事例集をお届けする活動を夫婦でしています。ぜひご覧ください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1972年生まれ。 息子の忍介は書字の学習障害と軽度の発達障害があり、小学三年生の時に不登校になりました(現在通信制高校1年生・忍者好き)。 不登校や親子関係の悩みについて、セミナーや講座をお届けする「びーんずネット」の事務局を担当しています。趣味はマラソン。不登校をテーマにしたインタビュー事例集『雲の向こうはいつも青空』を出版しています。